和歌の入門教室【実践編】「詠みぶり(和歌の七大詠法)を意識して詠む」

先日の入門教室では和歌の詠みぶり=作風についてご紹介しました。 典型的な古典和歌とはどのようなものか、おおよその要点がご理解頂けたかと思います。 →関連記事「和歌の入門教室 詠みぶり(和歌の七大詠法)を知る」 それではそ...

歌詠みの手引き、和歌の型

さあみなさん、歌を詠みましょう! と言われてもなかなか詠めるものではありませんよね。 感じたままを三十一文字にまとめればいいのです! などと言われると、これが余計に難しい…… だいたいの人間にとって、素の感情を出すなんて...

和歌の鑑賞ポイント(上級編)〜新古今和歌集、見えないものを見る〜

先日「和歌の鑑賞ポイント」として、主に「古今和歌集」の楽しみ方をご紹介しました。和歌の味わい方が、きっと広がったと思います。→関連記事「和歌の鑑賞ポイント 〜古今和歌集の楽しみ方〜」 でも和歌の素晴らしさはこんなもんじゃ...

和歌とは?

和歌とは何か? このざっくりとした質問に、ざっくりとお答えいたしましょう。 「和歌(わか、やまとうた)」とは三十一(みそひと)文字で構成された日本独自の定型歌です。 時は飛鳥、奈良時代。天皇の遊宴や行幸の典儀として詠まれ...

現代の詠み人が知っておきたい! 意味が変わってしまった文語10選

いきなりですがみなさん、歌を詠みましょう! 紀貫之は古今和歌集の冒頭、仮名序でこう話しています。 「花に鳴くうぐひす、水に住むかはづの声を聞けば、生きとし生けるものいづれか歌をよまざりける」 古今和歌集(仮名序) 生きと...

和歌・古典好きはまず、「奥の細道」を読もう!

今の時代に和歌なんて古臭いものを学ぼうなんて人に、ぜひ知ってほしい文章があります。 松尾芭蕉の紀行文「奥の細道」です。 芭蕉はもちろん俳諧の人ですから、奥の細道に収めれているのは和歌ではありません。私が知ってほしいのは、...

比べてわかる「和歌と短歌」の違い!

和歌と短歌はいずれも三十一文字(みそひともじ)の韻文、ですがその歌風は大きく異なります。というわけで今回は和歌と短歌における詠むべき心情、いうなれば「歌の心」の違いを学んでみましょう。 ※ここでいう「短歌」とは、明治期に...

→「ろっこの和歌Bar 年忘れの夜会」12/12(木)19:30~22:30