『一首一会』(九月二十九日)古典和歌の朗読と解説

「逢ふ事をいざ穂に出でなん篠薄しのび果つべき物ならなくに」(藤原敦忠) 令和和歌所ではメーリングリストで歌の交流(セッション)を繰り広げています。現代の「和歌」の楽しさをぜひ味わってみてください。初心者の方のご参加も大歓...

『一首一会』(九月二十八日)古典和歌の朗読と解説

「逢坂の関の清水にかげ見えていまや引くらむ望月の駒」(紀貫之) 令和和歌所ではメーリングリストで歌の交流(セッション)を繰り広げています。現代の「和歌」の楽しさをぜひ味わってみてください。初心者の方のご参加も大歓迎です。...

『一首一会』(九月二十七日)古典和歌の朗読と解説

「秋はただ今宵一夜の名なりけり同じ雲井に月は澄めども」(西行) 令和和歌所ではメーリングリストで歌の交流(セッション)を繰り広げています。現代の「和歌」の楽しさをぜひ味わってみてください。初心者の方のご参加も大歓迎です。...

『一首一会』(九月二十六日)古典和歌の朗読と解説

「面影に君が姿を見つるよりにはかに月の曇りぬるかな」(西行) 令和和歌所ではメーリングリストで歌の交流(セッション)を繰り広げています。現代の「和歌」の楽しさをぜひ味わってみてください。初心者の方のご参加も大歓迎です。 ...

『一首一会』(九月二十五日)古典和歌の朗読と解説

「いかばかり嬉しからまし秋の夜の月澄む空に雲なかりせば」(西行) 令和和歌所ではメーリングリストで歌の交流(セッション)を繰り広げています。現代の「和歌」の楽しさをぜひ味わってみてください。初心者の方のご参加も大歓迎です...

『一首一会』(九月二十四日)古典和歌の朗読と解説

「憂き身にはながむる甲斐もなかりけり心に曇る秋の夜の月」(慈円) 令和和歌所ではメーリングリストで歌の交流(セッション)を繰り広げています。現代の「和歌」の楽しさをぜひ味わってみてください。初心者の方のご参加も大歓迎です...

『一首一会』(九月二十三日)古典和歌の朗読と解説

「空清く月さしのぼる山の端にとまりて消ゆる雲のひとむら」(永福門院) 令和和歌所ではメーリングリストで歌の交流(セッション)を繰り広げています。現代の「和歌」の楽しさをぜひ味わってみてください。初心者の方のご参加も大歓迎...

『一首一会』(九月二十二日)古典和歌の朗読と解説

「苔の庵にひとりながめて年も経ぬ友なき山の秋の夜の月」(源実朝) 令和和歌所ではメーリングリストで歌の交流(セッション)を繰り広げています。現代の「和歌」の楽しさをぜひ味わってみてください。初心者の方のご参加も大歓迎です...

『一首一会』(九月二十一日)古典和歌の朗読と解説

「衣手は寒くもあらねど月影をたまらぬ秋の雪とこそ見れ」(紀貫之) 令和和歌所ではメーリングリストで歌の交流(セッション)を繰り広げています。現代の「和歌」の楽しさをぜひ味わってみてください。初心者の方のご参加も大歓迎です...

『一首一会』(九月二十日)古典和歌の朗読と解説

「さむしろや待つ夜の秋の風ふけて月をかた敷く宇治の橋姫」(藤原定家) 令和和歌所ではメーリングリストで歌の交流(セッション)を繰り広げています。現代の「和歌」の楽しさをぜひ味わってみてください。初心者の方のご参加も大歓迎...

『一首一会』(九月十九日)古典和歌の朗読と解説

「明日も来こむ野路の玉川萩こえて色なる波に月宿りけり」(源俊頼) 令和和歌所ではメーリングリストで歌の交流(セッション)を繰り広げています。現代の「和歌」の楽しさをぜひ味わってみてください。初心者の方のご参加も大歓迎です...

『一首一会』(九月十八日)古典和歌の朗読と解説

「鳰の海や月の光のうつろへば波の花にも秋は見えけり」(藤原家隆) 令和和歌所ではメーリングリストで歌の交流(セッション)を繰り広げています。現代の「和歌」の楽しさをぜひ味わってみてください。初心者の方のご参加も大歓迎です...