古今和歌所とは(前平成和歌所)

和歌から始まる古典文化ファンの社交会

他のカルチャーではなく、なぜ和歌か?

茶道や書道はもちろん絵画や文学だって、それが日本文化であれば源流は必ず和歌に至ります。ジャズミュージシャンであれば誰もが必ずマイルスを経験するのと同じく、日本文化を追い求めれば遅かれ早かれ和歌に到達するのが本当なのです。そして和歌という短詩形文学のフィールドでは誰もがプレイヤーとして参加できます。音楽やスポーツではその熱狂をオーディエンスとして体験することがほとんでしょうが、和歌では自分が主体となって文化のもっとも濃いところをダイレクトに味わうことができるのです。すごい魅力だと思いませんか?

現代短歌ではなく、なぜ和歌か?

和歌と短歌は同じ31文字の短詩型文学です。どちらも変わりないのではないか? むしろ独自の個性が求められ、口語体でも構わない短歌の方が表現の面で勝っているのではないか? 一理ありますが、和歌と短歌を分けるのは表現力ではありません。「自分自分!」と自己顕示を目的とするのが短歌で、「和」を尊ぶのがまさに和歌なのです。和歌の「和」とは、四季折々の自然との和、和歌を育んだ古典との和、そして同じく和歌を親しむ人達との和なのです。これこそが日本文化が連綿と受け継いできた精神であり、個人主義に走りすぎた現代の私たちこそが知っておきたい心構えなのです。

なぜ「古今和歌所」か

これは明白です、なぜなら古典和歌を親しむ場が他にないのです。
1500年以上の歴史を持ち長いこと文化の中心であった和歌ですが、今ここに至っては人知れぬ埋もれ木となってしまいました。このまま日本文化の宝を失ってしまっていいのか? 私は決してそう思いません。みなさまに気づいてほしいのは、和歌は現代人とは無縁の過去の遺産、ではないということです。日本人であれば今も誰だって楽しめる、歴史的エンターテインメントなのです。
私たち古今和歌所にはすでに日本文化、文芸に精通している方が集まっていらっしゃいます。和歌は難しいとか、自分は初心者だとかつまらない観念は捨てて、どうぞ気楽に古今和歌所の輪に加わってみてください、きっと和歌を日本文化の真髄を心から楽しんで頂けるはずです。

→「古今和歌所の歌会・和歌教室、和歌Bar
(和歌DJうっちー/内田かつひろ)

寄人紹介

こんにちは、わたくし「古今和歌所」の寄人、和歌DJうっちーこと内田かつひろと申します。生まれと育ちは須佐之男命はじめ柿本人麻呂また後鳥羽院など和歌との因縁深い島根県です。
大学で日本美術を学び、松田祥幹に師事して伝統工芸「蒔絵」に親しみました。琳派等に倣って伊勢や源氏物語を図案にしているうち、共通する「もののあはれ」の原点は「和歌」なかでも「古今和歌集」にあると悟りました。以後、心から和歌に耽溺し今をもってその道を真っ直ぐ進んでいます。
私は国文学者でもなければ専門歌人でもありません。しかし和歌に寄せる愛と憧憬はだれにも負けぬ自負と誇りを胸に「古典和歌を現代のエンターテインメントとして遊びつくす!」と、自由闊達まじめに取り組んでいます。
ぜひみなさま、一緒に和歌のそして風雅の道を楽しみましょう。

「内田かつひろ/和歌DJうっちー」の作品

和歌集「猿啼奥出雲集」
かな書(かなグラフィー)
■出版物(出版社「歌林苑」)

「秘伝☆古今伝授」

 

「四季を味わうルールブック」

 

「百人一首の歌人列伝」

歌会・和歌教室、和歌bar開催中!

古今和歌所では、和歌の基本を学び歌作りに挑戦する「歌会(連歌会)」「和歌教室」や古典ファンなら誰でも楽しめる「交流イベント(和歌bar)」を開催しています。
ぜひ一緒に和歌文化を楽しみましょう♪
詳細、お申込みはこちら

「ラジオ和歌マニア」配信中!

日本文化の王道「和歌」を爆笑エンターテイメントとしてトコトン遊び倒していく番組です。
春夏秋冬の「雪月花」や「恋」の話など、ニンマリ笑って、ちょっとタメになる。「和歌DJうっちー」の分かりやすい解説(妄想含む)と日本文化イングリッシュ講師「ろっこ」の鋭い突っ込みでお送りします。

Youtubeで聴く
iTunes Podcastで聴く

お問い合わせ

「お問い合わせ」はこちら

→「令和の歌合せ(皐月の会)」5/26(日)10:00~12:00