京極派・平成和歌所とは

活動理念「新しい和歌の物語をつくる」

生きた和歌を楽しもう

「和歌」とは日本文化の礎(いしずえ)いわばバイブルです。

春に桜の散るを嘆き、秋にはさやけき月を眺める。
このように私たちが当然として抱いている日本人の「四季感・文化感」は、「和歌によって培われた」ものです。茶道をはじめ能や俳句など、和歌の影響を全く受けていない日本文化はないと言って過言でありません。

ところが、です。
文明開化と共に伝統的な和歌は軽んじられるようになり、今や国文学の研究対象として辛うじて存在を残すのみ。ほとんどの日本人には遠く忘れ去られた存在に成り果ててしまいました。
和歌を愛する一人として、この現実は非常に悲しいものです。

「和歌を生きた文化として楽しみたい」
この想いだけで、私はこの平成和歌所を立ち上げました。

和歌を楽しむことは、日本の言葉、四季、文化、歴史を楽しむことです。
すべての日本人に味わってほしい教養であり娯楽なのです。
ぜひみなさん、一緒に伝統的な和歌を現代の感性で楽しみましょう!

京極派歌風の探求

「貫之は下手な歌よみにて『古今集』はくだらぬ集に有之候」
歌よみに与ふる書(正岡子規)

明治の革新的な歌人達によって、伝統的な和歌は旧態依然の悪しき象徴として吐き捨てられました。
しかし、明治期に潰された和歌はあくまでも「二条派」のそれにすぎません。
二条派とはその源流を二条為氏に認め、保守的な歌風を尊び、勅撰和歌集の選者を独占してきた和歌の主流です。家筋は室町時代に途切れますが、その歌風は秘伝の「古今伝授」によって堂上歌壇を占め続けていました。
明治の歌人達が破壊したのはこの代り映えのしない伝統だったのです。考えてみれば、むしろこの退屈な文芸がよくぞ明治期まで生き長らえていたものだと関心すらします。

このように紹介すると和歌が廃れたのは必然だったと思われるかもしれません。しかし、和歌の歴史にはこの旧態依然を脱却し、清新を求める運動があったことをご存知でしょうか?
それは同じ御子左家の庶流である「京極家(京極派)」によって起こされました。
京極派は二条派と勅撰和歌集の撰者を巡り熾烈な争いを広げます。この過程で、京極派はかつて例がない斬新な歌を世に生み出しましたのです。
しかし、残念ながら京極派は為兼一代で途絶え、これ以上発展することはなかったのです。

私は思います。もし、この京極派の歌が詠み継がれていたら、和歌はどのように進化していただろうか?
この妄想、私たちが成し遂げようじゃありませんか!
従い、われわれは大胆にも「京極派」を名乗り、ここに「新しい和歌の物語をつくる」ことを宣言します。

(和歌DJうっちー/内田かつひろ)

寄人紹介

こんにちは、わたくし「平成和歌所」の寄人、和歌DJうっちーこと内田かつひろと申します。
生まれと育ちは「須佐之男命」はじめ「柿本人麻呂」また「後鳥羽院」など和歌との因縁深い島根県です。
私は国文学者でもなければ専門歌人でもありませんが、和歌に寄せる憧憬はだれにも負けぬ自負と誇りを胸に、自由闊達まじめに取り組んでいます。
ぜひみなさま、一緒に和歌の道を探求しましょう。

「和歌DJうっちー/内田かつひろ」の作品

詠歌(京極歌風 And so on)
かな(かなグラフィー)
■出版物(出版社「歌林苑」)

「四季を味わうルールブック」

 

「百人一首の歌人列伝」

歌会・和歌教室、和歌bar開催中!

平成和歌所では、和歌の基本を学び歌作りに挑戦する「歌会(連歌会)」「和歌教室」や古典ファンなら誰でも楽しめる「交流イベント(和歌bar)」を開催しています。
ぜひ一緒に和歌文化を楽しみましょう♪
詳細、お申込みはこちら

「ラジオ和歌マニア」配信中!

日本文化の王道「和歌」を爆笑エンターテイメントとしてトコトン遊び倒していく番組です。
春夏秋冬の「雪月花」や「恋」の話など、ニンマリ笑って、ちょっとタメになる。
「和歌DJうっちー」の分かりやすい解説(妄想含む)と日本文化イングリッシュ講師「ろっこ」の鋭い突っ込みでお送りします。

Youtubeで聴く
iTunes Podcastで聴く

お問い合わせ

「お問い合わせ」はこちら