Latest News

和歌を知ろう(春夏秋冬)

和歌を知ろう 2017年8月1日
熱帯夜もひと段落して、夜風が少しずつ涼しくなってくると、 「そろそろお月見だね!」って時期になります。 秋といえば「月」ってのは、やはり古今和歌集の産物ですが、 ...
和歌を知ろう 2016年10月5日
X-MENやスパイダーマンなど、アメコミには様々な特殊能力をもったヒーローが登場しますが、実は古今和歌集にも驚きの特殊能力を複数併せ持つ凄腕が存在します。 それ ...
和歌を知ろう 2017年8月10日
古典文学的季節感において、春の訪れを知るのは「うぐいす」であり、夏のそれは「ほととぎす」でした。では「秋」を知るものは何か? →関連記事「梅と鶯のアヤシイ関係」 ...
和歌を知ろう 2015年10月23日
花札をご存知でしょうか? やったことはなくても、その絵柄には馴染みがあると思います。 花札の絵柄には、四季折々の景物が描かれています。 1月:松に鶴 2月:梅に ...
ピックアップ 2018年6月26日
今回のテーマは「恋」と「川」です。 一見つながりを感じにくいこの二つですが、実は和歌では非常に関連が深いのです。 恋にまつわる川と言うと、七夕伝説で有名な「天の ...
和歌を知ろう 2015年8月26日
すっかり秋めいてきましたね。 平安歌人たちにとって秋は特別な季節です。 184「木の間より漏りくる月の影見れば 心づくしの秋はきにけり」(よみ人知らず) 心づく ...

和歌を知ろう(百人一首の歌人列伝)

和歌を知ろう 2017年5月31日
「意識高い系」という言葉をご存知でしょうか? これは「物知り顔で、実は中身のない人物」の俗称なのですが、平安時代にもこう揶揄された人物がいます。 「清少納言」で ...
和歌を知ろう 2017年11月1日
「平安時代のお坊さん」というと、どんなイメージを描きますか? 五つの「心願」を立て、それが叶うまで山を下りないと誓い、後に天台宗の開祖となった「最澄」。 →「天 ...
和歌を知ろう 2016年7月15日
藤原良経(九条良経)は摂関藤原(九条)家の嫡男でありながら、後鳥羽院歌壇の代表的歌人として活躍した人です。 父は五摂家のひとつ九条家の祖である九条兼実、叔父には ...

和歌の入門教室

user 2015年6月26日
古今和歌集の四季歌(春夏秋冬)で登場する主要な景物をリストアップし、詠み出し順に並べました。 これで ...
user 2015年11月19日
歌の語や文節を普通の順序とは逆にする表現です、「倒置法」とは。 と、このように使います。 言いたいこ ...
user 2018年6月1日
和歌とは何か? このざっくりとした質問に、私がざっくりとお答えいたします。 概略 「和歌」とは三十一 ...
user 2018年4月5日
いきなりですがみなさん、歌を詠みましょう! 紀貫之は古今和歌集の冒頭、仮名序でこう話しています。 「 ...

かなグラフィー

user 2017年4月10日
「ひさかたの ひかりのどけき 春の日に しづ心なく 花の散るらむ」(紀友則) 手軽に楽しく、折々の歌 ...
user 2016年4月23日
135「わがやどの 池の藤波 さきにけり 山ほととぎす いつかきなかむ」(よみ人しらず) 色と歌が重 ...
user 2016年10月18日
139「五月まつ 花橘の 香をかげば 昔の人の 袖の香ぞする」(よみ人しらず) あの人を思い出す、初 ...