今宵こむ人にはあはじ七夕のひさしきほどに待ちもこそすれ(素性)

今日の七夕歌も古今集また素性法師らしい一首だ。『今夜来る人には逢わない、だって織女のように長く待つようになるのはやだからね』。昨日と同様に七夕伝説をネタとして扱いながら、ウィットを洒脱に効かせている。和歌というと情趣が連想されるかもしれないが、実のところ最初の勅撰集は理知で滑稽が主流をなす。国風に傾倒始めた時代の日本のハイソサエティにもてはやされたのは、このようなスタイルだったのだ。

(日めくりめく一首)

天の川浅瀬しら浪たどりつつ渡りはてねば明けぞしにける(紀友則)

七夕伝説への憧憬を素朴に歌った万葉歌人はどこへやら、古今歌人達にとって七夕はもはやネタの一つに過ぎないようだ。『天の川の浅瀬を知らなかったので、川を渡る前に夜が明けちゃったよ~』。年に一度の逢瀬の感動なんてまったく無視、天の川を渡る途中で迷子になってしまった滑稽なピエロが歌われている。古今集にみえる七夕の歌は僅かに10首に過ぎない、万葉の頃と変わって中国文化への憧れは相当薄れてしまった。

(日めくりめく一首)

ま日(け)長く恋ふる心ゆ秋風に妹がね聞こゆ紐とき行かな

昨日述べたように万葉集の七夕歌は単純志向がすぎて鑑賞に値しないのも多いが、一方で万葉集だからこそ採られた大胆な歌もある。『長く待ちわびたが、秋風に乗ってようやく織女の声が聞こえた。さあ、腰紐をほどいて行こう』。この歌はその代表例だろう、なにせ逢瀬を待ちきれぬ牽牛が女のもとへすっ裸で行っちゃるぜ! という歌なのだから。平安以後の勅撰集なんぞには決して採ることができない傍若無人の歌、これも万葉集の魅力の一つである。

(日めくりめく一首)

ひさかたの天つしるしと水無し川へだてておきし神代し恨めし

七夕伝説が日本に伝わったのは奈良時代といわれる。ちなみにこれが日本元来の「棚機津女」伝説と習合した結果、七夕を「たなばた」と言うようになった。さて、万葉集では七夕伝説の影響をもろに受けている。巻十の「秋雑歌」はのっけから百首弱もの七夕歌が採られている。古今集ではこれが1/10程度に減ってしまうのだから、万葉集における関心の高さが伺えるだろう。ところが内容といえば今日の様に『天のしるしとして、水無し川(天の川)で隔てた神代が恨めしい』と、内容をそのままなぞらえた単純なものが多く、たいして面白くない。

(日めくりめく一首)

秋風の吹きにし日よりひさかたの天の河原にたたぬ日はなし(よみ人知らず)

秋風は「秋」という季節と同時にあることを知らしめる、「七夕」だ。『秋風が吹いてからというもの、天の河原に立ってあなたを待たない日はない』。言うまでもなく七夕は七月七日の夜、牽牛と織女が年に一度の逢瀬を遂げるという古く中国から伝わる物語である。これが新暦で行われるから多くの人が夏の風物と考えているし、大抵は梅雨雲に覆われているため牽牛と織女は会えないことが多くなってしまった。しかし歌にあるように、立秋を過ぎれば七夕を意識するのが本来(旧暦)の習慣だ。「立つ」の縁語として秋風と河原が合わせて詠まれているのがいかにも古今集らしい。

(日めくりめく一首)

秋風はやや肌寒くなりにけり一人や寝なむ長きこの夜を(源実朝)

少なからず秋風には久しい友との再会を思わせる感動があった、だが今日の歌はどうだろう。『秋風は肌寒くなってきた。一人で寝るのだろうか、長いこの秋の夜を』。印象的なのは「けり」で結んだ三句切れ、この歌において上句と下句の世界はほとんど連絡を断っている。作者にとって秋風とは虚しき身の上を知るひとつの現象に過ぎず、自分とは無関係のよその現象に過ぎないのだ。季節が変わったところで、自分は変わらず孤独に過ごすだけ、源実朝の孤独とはいったいどれほど深くあったのだろう。

(日めくりめく一首)

ふき結ぶ風は昔の秋ながらありしにもにぬ袖の露かな(小野小町)

小野小町という人は、いつどこでも小野小町だ。ふつう古今なら古今、新古今なら新古今と採られた集によって相応しい歌が採られるものだが、小町にはそれがない。いつもしのび泣きに袖を濡らしている。しかも恋部でも四季部でも、秋でも春でも変わりがないのだから、驚きの安定性だ。『吹いて露を結ぶ風は昔と変わらないが、私の袖の露(涙)は昔と変わってしまった』。確かにこの詠みぶりこそ和歌の王道であり、私も決して否定しない。しかし常にこんな調子だから、「卒塔婆小町」のような演目のネタにされてしまった。

(日めくりめく一首)

夕づく陽岩根の苔に影きえて丘の柳は秋風ぞ吹く(永福門院)

自分の体験を歌にする、そんな当たり前の先駆者が式子内親王であった。それでいうと今日の詠み人、永福門院は式子の正式な継承者と言えるだろう。しかもその思想はさらに先鋭化している。京極派、とりわけ永福門院にとって伝統的な和歌なんてきっとクソくらえだったのだろう。『岩の苔に消える夕日』も挑戦的だが、秋のしかも丘の上の『柳』である。当然ながら柳は春の川岸に揺れるものだ、伝統的には。こうも和歌の常套が崩されると、歌の善し悪しはどこに求められるのだろう。それは詠み人一人ひとりの感動なのだ。

(日めくりめく一首)

うたた寝の朝げの袖にかわるなりならす扇の秋の初風(式子内親王)

今日の歌もまた趣向が冴えている、式子内親王である。昨日までの秋風は野辺をさやいで、目にも耳にも広々と感じられたが、式子のはいたってこじんまりしている。何と言ったって、『自分であおいだ扇の風』に秋を感じるというのだから。しかもそれは『朝のうたた寝から目覚めた袖』に通ふ風だと言うのだ。こんな歌、伝統に寄りかかってボーっと生きていたら決して作れない。式子内親王に常にある歌の新しさ、これはすべての彼女の身近な体験から生まれている。唯一無二、式子の歌は式子にしか詠めないということだ。

(日めくりめく一首)

いつしかと荻の葉むけのかたよりにそらや秋とぞ風もきこゆる(崇徳院)

「秋風に秋を感じる」とは和歌の常套であり、立秋のころは同じような歌が大量生産された。これもご挨拶程度であれば構わなかったかもしれないが、歌に芸術を志向するようになると安易な真似ごとは敬遠されるようになる。顕著なのが新古今だ、この集は古きよき伝統と今を生きる自己との戦いの記録である。
『いつの間にか荻の葉は一斉になびいて、そらそらもう秋だよと風が叫んでいる』。昨日の敏行のような「はっと気づく」さりげなさではない、崇徳院の秋風は大胆にその存在を知らしめんとする。古典の文脈に沿いながらも、まったく違う趣向であることが分かるだろう。

(日めくりめく一首)

→「わくわく和歌ワークショップ(葉月の会)」8/25(日)9:50~11:50