五月待つ花橘の香をかけば昔の人の袖の香ぞする(よみ人知らず)

「花橘」が詠まれたこの歌、古典ファンであればそらんずる方も多かろう。古今集では題知らず、よみ人知らずで採られるが、伊勢では第六十段に「むかし男(業平)」の歌として物語が載る。詳細は出所に譲るが、女(元妻)が酒の肴に出した...

五月雨の空だにすめる月影に涙の雨は晴るる間もなし(赤染衛門)

『雨は上がり、空には清らに澄んだ月が浮かぶ。しかし私はの気持ちは晴れることなく、変わらず泣き続けています』。五月雨の恋であるが昨日の躬恒より幾分優れていよう、「五月雨」(みだれ)を響かせて、苦悶の女を間接的に描いている。...

五月雨に乱れそめにし我なれば人を恋路に濡れぬべらなり(凡河内躬恒)

お分かりの様に四季ではなく恋の歌である。『五月雨のように、あなたへの思いに乱れ始めた私は、恋路にはまってずぶ濡れになったようだ』。雨は「涙」の暗喩、「みだれ(乱れ)」という言葉の響きも相まって、和歌の恋に五月雨という叙景...

五月雨は晴れむとやする山の端にかかれる雲の薄くなりゆく(花園院)

『五月雨はやんだのかなぁ? 山に掛かる雲が薄くなってるよ』。小学生の絵日記だろうか? 違う、玉葉集に採られた花園院の御製歌だ。趣向はほとんど似ているが、昨日の歌には山の色に発見があった。今日のはどうだろう、写生というにも...

五月雨は晴れぬと見ゆる雲間より山の色こき夕暮れの空(宗尊親王)

詠み人の宗尊親王は異例の経歴の持ち主である。後嵯峨天皇の第一皇子というやむごとなき身分でありながら、招かれて鎌倉六代将軍となった。歴史上、皇族将軍としては初めての人である。これにより何が起こったか? 鎌倉に本格的な和歌文...

たまぼこの道ゆく人の言づても絶えてほと降る五月雨の空(藤原定家)

和歌とは基本的に決められた形式に沿って詠む、そういう文芸である。言葉の修辞や景物の設定、本歌取りなどを組み合わせて、その時々に相応しい歌を作るのだ。結果生まれるものは没個性の権化というもので、近現代人事にはもはや退屈にな...

楝(あふち)咲くそともの木かげ露落ちて五月雨はるる風わたるなり(藤原忠良)

紫陽花は八代集には見えない、そのようにご紹介した。では平安歌人は憂鬱な梅雨の季節、何に心を寄せたのか? その答えのひとつが「楝(あふち)」である。センダンと言い換えた方が分かりいいだろうか、初夏に紫色の小さい花をつける。...

紫陽花の八重咲くごとくやつ代にをいませ我が背子見つつ偲はむ(橘諸兄)

今日は紫陽花の歌をご紹介しよう。紫陽花はなかんづく雨に濡れた様が愛でられ、日本の初夏になくてはならぬ花となっている。むろん和歌に詠まれて当然という向きもあろう、しかし実際は全くそうでないのである。躑躅は辛うじて古今集の恋...

→「令和の歌合せ(皐月の会)」5/26(日)10:00~12:00