月やあらぬ春や昔の春ならぬわが身ひとつはもとの身にして(在原業平)

花は咲いた。軒端の梅は香りを揺らし道端には名も知らぬ草花がほほ笑んでいる。ゆかしき心にまかせ彷徨い歩けば、やがて立ち昇る朧月に足が止まる。どうしたことだろう、目に入る花鳥風月のすべてが変わって見える。『月はそして春は昔と...

今日ごとに今日や限りと惜しめどもまたも今年に会ひにけるかな(藤原俊成)

老いの、いや人生の境地とはこういうことかもしれない。『来る日も来る日も今日が最後かもしれない、なんて惜しみながら過ごしてきたけれど、どうにかまた新しい年に会うことができた』。いつでも今日が最後であるかのように、毎日をただ...

おのづから言わぬを慕ふ人やあるとやすらふほどに年の暮ぬる(西行)

かつて憧れた春。しかしいざ目の前にすると尻込んでしまう、平安歌人たちが歳暮に寄せる心の揺らぎを数首鑑賞してきた。表層に違いはあれど通底するのは畏怖の念、止めどなく行き過ぎる時間への諦めや抵抗の爪痕だ。平安、とくにその末期...

嘆きつつ今年も暮れぬ露の命生けるばかりを思ひ出にして(俊恵)

これまで鑑賞したどれよりも、俊恵の歳暮は退廃的だ。命を置いたそばから消えゆく朝露に譬える、和歌の常套句であるが、今日の歌には譬喩が譬喩でない実感を伴う。それは生とは瞬間の連続でしかないという無常の本質に達しているからだ。...

一年ははかなき夢の心地して暮れぬる今日ぞおどろかれける(俊宗)

詞書きには「歳暮のこころ」とある。ところで私たちはどのような心持ちでこの歳暮を迎えているだろうか? 歌合戦に除夜の鐘しまいにはカウントダウンと顔を朱に染めて興奮に励んでやしないだろうか。『一年なんてひと時の夢のよう、年が...

数ならぬ身にさへ年の積もるかな老いは人をも嫌らはざりけり(和泉式部)

『老いとは人を分け隔てることがない。とるに足りないわが身まで老いは積み重なってきた』。人はなべて冷酷な世界を生きている、永遠に止まない「時間」という絶対王に支配された世界だ。ここに生まれ落ちたが刹那、全員が死という逃れら...

過ぎぬれば我が身の老いとなるものをなにゆゑ明日の春を待つらむ(肥後)

年の暮れを包み込む暗黒、頭をもたげる憂鬱の正体それは「老い」だ。『過ぎてしまえば、またひとつ老いを重ねることになるものを、何が嬉しくて明日の春を待つのだろうか』。春、清々しき花々の世界。年という頂きを越え行けば、その懐か...

うばたまのこの夜な明けそしばしばもまたふる年の内ぞと思はむ(源実朝)

いよいよ年が明ける、待ち望んだ春は目の前だ。しかしである、人間の思考はそう単純でないらしい。綻ばんばかりの花を目の前にして、一度伸ばした手を引っ込めてしまう。『この夜よどうか明けないでくれ! 僅かでもいい、永遠の別れとな...

もののふの八十宇治川をゆく水の流れて早き年の暮れかな(源実朝)

源実朝による歳暮の念。『宇治川のように流れの早い年の暮れだなぁ』と、極めてシンプルな独白だ。冒頭の「もののふの八十氏(うじ)」は「宇治川」に掛かる序詞であり意味をなさない。「もののふ」は「官人」を指し、古より愛好された修...

木の葉なきむなしき枝に年暮れてまた恵むべき春ぞ近づく(京極為兼)

『木々の葉はすべて散り果ててしまった。しかし案ずるな、年は暮れて若葉が恵む春はもう目の前だ』。春への期待感はいよいよ醸成され、実際にすぐそばまで来ている。しかしこの一月(睦月)に“年の暮れ”とはいかなる沙汰か? といえば...

降る雪の雨になりゆく下消えに音こそまされ軒の玉水(藤原為家)

一転して今日の歌は素晴らしい、藤原定家の嫡男為家である。『降る雪が雨に変わってゆく。屋根の雪も下から溶けはじめて、軒の雨だれの音がほの強くなってきた』。雪は次第に姿を移しつつある、雨となり屋根からも落ちはじめた。むろん春...

梅か枝に降りつむ雪はひととせに再び咲ける花かとぞ見る(藤原公任)

その名が期待感を煽るが今日も無念、凡作に沈んでしまった… 藤原公任である。「雪」を「花」とする見立ては悪くない、いや確かに平凡の極みなのだが、このルーチンこそが和歌であることはもうご承知だろう。問題のひとつは歌の「調子」...

→「和歌と文人墨客の集い(如月の会)」2/23(日)9:50~11:50