むかし思ふ小夜の寝覚めの床さえて涙も凍る袖の上かな(守覚法親王)

今日の詠み人は守覚法親王。以仁王、式子内親王とは同腹兄弟で歌に通じた。その功績は自詠歌よりパトロン的目利きだろう、頻繁に歌会を催し家集を献上せしめ千載そして新古今へ流れる風を醸成した。「仁和寺宮五十首」(守覚は仁和寺第六...

岩間には氷の楔打ちてけり玉ゐし水もいまは漏りこず(曽根好忠)

なんと残酷な季節だろう、花はおろか水さえも失せる冬という季節は。『岩間に氷の楔が打ち込まれたようだ、水滴も今は漏れてこない』。折々の花に心を寄せた平安歌人、森羅万象が氷に閉ざされてしまった今、いったい何を歌えばいいのか?...

いつしかと冬の景色にたつた川紅葉閉ぢませ薄氷せり(藤原俊成)

『いつの間にかすっかり冬景色になった竜田川、散り落ちた紅葉を閉じ込めて薄く氷が張っている』、「たつた」に冬が「立つ」と「竜田川」を掛け、技巧と趣向が絶妙にバランスした見事な一首、現代人が受ける共感は古今そして新古今をも上...

枝ながら見てを帰へらむもみぢ葉は折らむほどにも散りもこそすれ(源兼光)

今日の歌、詞書によると殿上人(貴公子)たちが紅葉狩りで詠んだとある、場所は先日もご紹介した「大井川」だ。『枝の紅葉はそのままにして帰ろう、手折ったために散っても困るから』、さすがはやんごとなき貴公子、卑賤の者、例に出して...

山守よ斧の音高くひびくなり峰のもみぢ葉よけて切らせよ(源経信)

『山守が斧で木を切り落とす音が響いている、頼むから紅葉の葉は避けて切ってくれよ~』。今ならチェーンソーの音だろうか、山守が振り下ろす斧の音に紅葉が散らないかと心配する、俳諧と閑雅を割ったような小意気で楽しい歌だ。詠み人は...

見渡せば紅葉しにけり山里に寝たくぞ今日はひとり来にける(源道済)

今日の詠み人は源道済、知名度は低いが花山院のもと拾遺集撰集に関係したと噂がある。『見渡すと山里はすっかり紅葉に染まっている。飽きるまで見ようと野宿するつもりで一人やって来たのだ』、今日の歌にも見えるが道済の歌には「山里」...

→「ろっこの和歌Bar 年忘れの夜会」12/12(木)19:30~22:30