夏衣花の袂に脱ぎかへて春のかたみもとまらざりけり(大江匡房)

衣替え、それはある種の人には絶望的な行為かもしれない。というのは、以前ご紹介した梅歌「梅が香を袖にうつしてとどめては」を思い出してほしい。春の名残を留めようと熱心に袖に移した梅の香りだが、衣そのものを替えてしまえば意味を...

惜しめどもとまらぬ春もあるものを言わぬにきたる夏衣かな(素性法師)

昨日に続き新古今集の夏からその二番、素性法師の更衣の歌である。素性といえばウィットに富んだ歌で古今集を代表するが、その滑舌は狂言綺語の並ぶ新古今にあっても淀みない。『惜しんだって春は止まらない。だからって、なんで着たくも...

わが宿の池の藤波咲きにけり山郭公いつかき鳴かむ(よみ人知らず)

古今集の夏の一番歌、詞書きによると柿本人麻呂製と噂される。和歌の春といえば梅にうぐいす、桜が情景を飾ったが夏はどうであろう? 実のところ「ほととぎす」一辺倒なのである。草花は繁り、鳥や虫の盛んに活動する季節にあってなぜか...

今日よりはたつ夏衣うすくともあつしとのみや思ひわたらむ(崇徳院)

今日は立夏、本来なら草木繁るる豊沃な季節であるが、花たる花をなくした和歌では虚しさが先に立つ。そういう視点でしばらく日めくり一首をご覧頂きたいが、まず解消しておきたいのが崇徳院のことだ。崇徳院といえば白河院のご落胤とされ...

花は根に鳥は古巣にかへるなり春のとまりを知る人ぞなき(崇徳院)

暮春を締めくくる歌に撰んだ一首、詠み人は崇徳院だ。だからということもないが、悲壮感に胸が詰まる。花は、鳥はなごりの地へ帰する、それは母なる愛の場所だ。だが私は、帰るあてのない私はいったいどこへ行けばいいのだ、 誰も知らな...

行く先を惜しみし春の明日よりは来にし方にもなりぬべきかな(凡河内躬恒)

多くの数寄者にとって、春の暮れは年の暮れより重みがあったのだろう。今日の歌をみてもまたそれを強く信じる。『今までその行方を惜しんだ春、明日になれば昔の思い出となってしまうだろう』。解釈の余地はいくらもありそうだが、私には...

暮れていく春のみなとは知らねどもかすみにおつる宇治の柴船(寂蓮法師)

今日の詠み人寂連は藤原俊成の甥、定家とは従弟の関係にある。六百番歌合の「独鈷鎌首」のエピソードでも伝わるように御子左家を代表する歌人だ。その歌風は定家、家隆にも負けぬ当代流だが、コテコテの新古今調というわけでもない。絵画...

濡れつつぞしひて折りつる年の内に春はいくかもあらじと思へば(在原業平)

『濡れていますが、あえて折りました。春もあとわずかなので』。折ったのは藤の花、当然ながら送った相手は女であろう。ちなみに伊勢物語では第八十段にこの話がみえる。それは80字もない極小のエピソードであるが、情報が少ないぶんか...

うらうらに照れる春日にひばりあがり心悲しもひとりし思へば(大伴家持)

気持よく晴れた日、空高く雲雀が鳴いている。のどかな春の情景であるが、私はひとり物悲しい。作者は大伴家持、様々な政争に巻き込まれ解官をも経験するが、この歌の孤独はその時のものではない。地方官を歴任し、家持にとって孤独とは人...

→「令和の歌合せ(皐月の会)」5/26(日)10:00~12:00