『一首一会』(十月二十日)古典和歌の朗読と解説

「大江山かたぶく月の影さえて鳥羽田の面に落つる雁がね」(慈円) 令和和歌所ではメーリングリストで歌の交流(セッション)を繰り広げています。現代の「和歌」の楽しさをぜひ味わってみてください。初心者の方のご参加も大歓迎です。...

『一首一会』(十月十九日)古典和歌の朗読と解説

「思ひかねうち寝る宵もありなまし吹きだにすさへ庭の松風」(藤原良経) 令和和歌所ではメーリングリストで歌の交流(セッション)を繰り広げています。現代の「和歌」の楽しさをぜひ味わってみてください。初心者の方のご参加も大歓迎...

『一首一会』(十月十八日)古典和歌の朗読と解説

「身を変へて一人帰れる山里に聞きしに似たる松風ぞ吹く」(明石の尼君) 令和和歌所ではメーリングリストで歌の交流(セッション)を繰り広げています。現代の「和歌」の楽しさをぜひ味わってみてください。初心者の方のご参加も大歓迎...

『一首一会』(十月十七日)古典和歌の朗読と解説

「いろいろに穂向けの風を吹きかへて遥かにつづく秋の小山田」(阿仏尼) 令和和歌所ではメーリングリストで歌の交流(セッション)を繰り広げています。現代の「和歌」の楽しさをぜひ味わってみてください。初心者の方のご参加も大歓迎...

『一首一会』(十月十六日)古典和歌の朗読と解説

「秋の夜は山田の庵に稲妻の光のみこそ洩りあかしけれ」(伊勢大輔) 令和和歌所ではメーリングリストで歌の交流(セッション)を繰り広げています。現代の「和歌」の楽しさをぜひ味わってみてください。初心者の方のご参加も大歓迎です...

『一首一会』(十月十五日)古典和歌の朗読と解説

「雲きえし秋の中ばの空よりも月は今宵ぞ名に負へりける」(西行) 令和和歌所ではメーリングリストで歌の交流(セッション)を繰り広げています。現代の「和歌」の楽しさをぜひ味わってみてください。初心者の方のご参加も大歓迎です。...

『一首一会』(十月十四日)古典和歌の朗読と解説

「さまざまに心ぞとまる宮城の野の花のいろいろ虫のこゑこゑ」(源俊頼) 令和和歌所ではメーリングリストで歌の交流(セッション)を繰り広げています。現代の「和歌」の楽しさをぜひ味わってみてください。初心者の方のご参加も大歓迎...

『一首一会』(十月十三日)古典和歌の朗読と解説

「なけやなけ蓬が杣のきりぎりす過ぎ行く秋はげにそ悲しき」(曽禰好忠) 令和和歌所ではメーリングリストで歌の交流(セッション)を繰り広げています。現代の「和歌」の楽しさをぜひ味わってみてください。初心者の方のご参加も大歓迎...

『一首一会』(十月十二日)古典和歌の朗読と解説

「鈴虫の声ふりたつる秋の夜はあはれにもののなりまさるかな」(和泉式部) 令和和歌所ではメーリングリストで歌の交流(セッション)を繰り広げています。現代の「和歌」の楽しさをぜひ味わってみてください。初心者の方のご参加も大歓...

『一首一会』(十月十一日)古典和歌の朗読と解説

「来むと言ひしほどや過ぎぬる秋の野にだれ松虫ぞ声の悲しき」(紀貫之) 令和和歌所ではメーリングリストで歌の交流(セッション)を繰り広げています。現代の「和歌」の楽しさをぜひ味わってみてください。初心者の方のご参加も大歓迎...

『一首一会』(十月十日)古典和歌の朗読と解説

「秋くれば機織る虫のある辺に唐錦にも見ゆる野辺かな」(紀貫之) 令和和歌所ではメーリングリストで歌の交流(セッション)を繰り広げています。現代の「和歌」の楽しさをぜひ味わってみてください。初心者の方のご参加も大歓迎です。...

『一首一会』(十月九日)古典和歌の朗読と解説

「小山田の庵ちかく鳴く鹿の音に驚かされて驚かすかな」(西行) 令和和歌所ではメーリングリストで歌の交流(セッション)を繰り広げています。現代の「和歌」の楽しさをぜひ味わってみてください。初心者の方のご参加も大歓迎です。 ...

『一首一会』(十月八日)古典和歌の朗読と解説

「嵐ふく真葛が原に鳴く鹿はうらみてのみや妻を恋ふらむ」(俊恵) 令和和歌所ではメーリングリストで歌の交流(セッション)を繰り広げています。現代の「和歌」の楽しさをぜひ味わってみてください。初心者の方のご参加も大歓迎です。...

『一首一会』(十月七日)古典和歌の朗読と解説

「奥山に紅棄ふみわけ鳴く鹿の声きく時ぞ秋は悲しき」(よみ人知らず) 令和和歌所ではメーリングリストで歌の交流(セッション)を繰り広げています。現代の「和歌」の楽しさをぜひ味わってみてください。初心者の方のご参加も大歓迎で...