ほととぎす、夏のヘビーローテーション


「夏」といえば、何を連想しますか?
現代の感覚でいえば、「海」「ひまわり」「かき氷」など、人それぞれ沢山の景物が挙げられそうです。

それでは古今和歌集的、夏といえば何か?
それは「ほととぎす」一択です。

この記事の音声配信「第31回 夏到来! 日本の夏、ほととぎすの夏」を
Youtubeで聴く
iTunes Podcastで聴く

古今和歌集の「夏」部の歌は34首しかありませんが、そのうちなんと28首に「ほととぎす」が登場するのです。
→関連記事「「夏、それは平安貴族の最たる苦痛」)」

これは「テッペンカケタカ」または「トッキョキョカキョク」などと真似される「ほととぎす」の曲(鳴き声)が、夏のあいだ延々と繰り返される、いわば「夏のヘビーローテーション!」といった感じですね。
ちなみに「新古今和歌集」になると、夏部に「五月雨」「蛍」「ひぐらし」なんてのも詠みこまれ、ほととぎす一辺倒だった偏りが解消されています。

さて、その「ほととぎす」の曲ですが、たんなる夏を飾る鳴き声にとどまらず、
なんと「思慕の念をかき立てる!」という効果を含んでいます。

143「ほととぎす 初声きけば あぢきなく 主さだまらぬ 恋せらるはた」素性法師
145「夏山に なくほととぎす 心あらば もの思ふ我に 声なきかせそ」(よみ人知らず)
162「ほととぎす 人まつ山に 鳴くなれば 我うちつけに 恋まさりけり」(よみ人知らず)

ほととぎすの声を聞くことで、恋心がさらに増してしまう…
そんな効果があることで、より深みのある歌になります。

また同じく夏の景物の一つ「橘」。これは「昔の人を思い出す」という効果があります。
139「五月待つ 花橘の 香をかげば 昔の人の 袖の香ぞする」(よみ人知らず)

このように和歌の代表的な景物には、ある決められた効果(設定)があるのが通例です。
これを知らないと正しく詠歌できないことはもちろん、歌の本意も理解できないという状態に陥ります。
和歌が教養を要するというのは、こういったルールを会得する必要があるからですね。
→関連記事「和歌と短歌の違い(2) ~歌ことば編~

ところで「ほととぎす」といえば、明治の歌人「正岡子規」が思い起こされます。
「子規」は「しき」と読みますが、これは「ほととぎす」に当てられた漢字の一つでもあります。
ちなみに「ほととぎす」には「郭公」、「子規」、「時鳥」、「杜鵑」、「杜宇」、「蜀魂」、「不如帰」、「霍公鳥」、「田鵑」といった沢山の漢字表記があります。

古今和歌集ならびに紀貫之を通例に批判した正岡子規が、その俳号に古今和歌集を代表する鳥を選んだことは、興味深い因縁ですね。
その由来は「血を吐くまで鳴く」と言われる「ほととぎす」と、結核になり吐血した自分を重ね合わせたから、と言われていますが、子規は純粋に「ほととぎす」に魅了されていたように思えます。
なぜなら子規が詠じた「ほととぎす」が、愛情とバラエティに富んでいるからです。

「松山市立子規記念博物館」のサイトで季語「時鳥」で検索すると、306件の俳句が閲覧できます。
その中で、私が選んだ子規の「ほととぎす」ベスト3をご紹介しましょう。
→「松山市立子規記念博物館

○「一声や大空かけてほとゝきす」
明治の俳句らしい、力強さのある「ほととぎす」です。

○「月もなし時鳥もなし風の音」
藤原定家にも通じる、寂寥感のある「ほととぎす」です。

○「ラムネの栓天井をついて時鳥」
いつそこにいた!? っていう感じで突拍子もなく現れる「ほととぎす」です。

春の「鶯(うぐいす)」と比べると、現代では少し馴染みの薄い「ほととぎす」。
でも本当は「夏のアイドル!」ってくらい魅力的な鳥だってこと、ぜひ知っておいてください。

ほととぎすの鳴き声を知らないという方は、Youtubeという便利なものでぜひお聴きください。

愛しい人が思い起こされましたか?

(書き手:和歌DJうっちー)

夏、それは平安貴族最大の苦痛


平安貴族にとって、最大の苦しみはなにか?
叶わぬ恋? それとも極貧ボンビー生活??
いやいやそんなもんは「世のならい」として、当然に受け止めています。

平安貴族にとって最も辛いこと、それは「夏の暑さ」です!

人間、本当に辛いことこそ、なかなか言葉にできないものです。よね?
だからですよ、古今和歌集の「夏歌」。
たった34首しか歌がないんです。「春」は上下134首、「秋」は上下145首の歌があるのに!

夏は草花が繁にしげ、虫も騒々しく、歌の景物に事欠かない季節です。
それにあのジリジリと焦がれる太陽、それを「わが恋心」に見立てて歌ってもいいじゃないですか!
だがそんなことは決してしない…

かろうじて「ほととぎす」に恋心を触発されるくらいで、ほとんど無気力、無関心です。
→関連記事「古今和歌集にほととぎすあり

もう口を開くのも面倒なくらい嫌いだったんですよ、夏のことが。

あの寝殿造りを見てください。
仕切りをトコトンなくして、風通しを最優先させたのです。
「涼しい風こ~い」って。

あの着物見をてください。
袖口を大きく開け放って、風通しを最優先させたのです。
「涼しい風こ~い」って。

いくら「スースー」したって、冬の寒さはなんとか我慢できる、
ただ夏の暑さだけはどうしようもない!
衣住を見ても、夏が半端なく辛かったことがヒシヒシと伝わってきます。

だからでしょうか。
「秋」の訪れを真っ先に知るのは、涼やかな「秋風」なのです。
「おおー、秋風きたー」って感じで。
→関連記事「秋の訪れを知る、秋風の音

平安貴族にとっての秋の到来は、
月や紅葉など美しい景物との出会いの始まりと同時に、大っ嫌いな「夏」からの解放を意味していたのです。

「心づくしの秋は来にけり!」
いろんな感情が、この一言に込められているわけです。

(書き手:和歌DJうっちー)

「歌よみに与ふる書」に与える書

子規は下手な歌人にて、近代短歌などくだらない歌の集まりである。
その代表歌「くれなゐの二尺伸びたる薔薇の芽の針やはらかに春雨のふる」などは実にあきれ返った無趣味の歌である。彼は写生主義・写実主義、つまり見たまま感じたままを歌にすることを重んじていたが、なるほどこの歌もご多分に漏れず情景の一面をただ切り取ったのみで、その奥に広がるような美の余韻は全くもって感じられない。写生主義というのは、単に個々人の主観的な美的感覚であるからして、第三者が同様に美を感じられるかなどは全く期待できないのである。
続きを読む →

日本文化のバイブル、古今和歌集とは何か

古今和歌集は醍醐天皇の勅命により、紀貫之、紀友則、凡河内躬恒、壬生忠岑によって編纂された最初の勅撰和歌集。
ここに収められた1100首の心・姿は日本文化の規範となり、今に至るまで影響を与え続けています。

その特徴は大きく二つあります。
一つは「部立て」。
部立とはいわゆる歌のカテゴリーで、古今和歌集は以下20の部立で構成されています。
「春(上下)、夏、秋(上下)、冬、賀、離別、羈旅、物名、恋(一~五)、哀傷、雑(上下)、雑体、大歌所御歌」

誕生、旅立ち、恋愛、老い、死。古今和歌集の部立は人生の縮図といえましょう。
特筆すべきは「四季(春夏秋冬)」と「恋」、これら二つで歌集の半数以上(702首)を占めるほど関心が高く、これはそのまま日本文化の二大テーマとなりました。

よく「日本の特徴は?」という質問に、「四季があること」などと答える人がいますが、四季がある国なんていくらでもあります。でもそう捉えている人は多い、なぜか?
それは日本文化が、古今和歌集で築かれた四季への愛着と美意識を前提に成り立っているからです。

また、いわゆる「奥ゆかさ」などに日本人の特徴を見る人もいるでしょう。これは古今和歌集の「恋歌」で紡がれた価値観に由来します。
互いに求めて得られる充足の感情を「愛」だとすれば、求めても決して得られない希求の感情が「恋」。
忍ぶ女に、待つ男。すれ違い続ける男と女は結ばれることなく、ただ夢に希望を託すばかり。この受容的、忍従的な恋の抒情を「美」、別の言葉で「あはれ」として打ち立てたのが古今和歌集なのです。

→関連記事「5分でわかる恋歌の全て ~古今和歌集 恋歌残酷物語(総集編)~

古今和歌集のもう一つの特徴が、歌の「配列」です。
実例として、「春」から数首見てみましょう。
1「年のうちに 春はきにけり ひととせを 去年とやいはむ 今年とやいはむ」(在原元方)
2「袖ひぢて むすびし水の 凍れるを 春立つけふの 風やとくらむ」(紀貫之)
3「春霞 たてるやいづこ みよしのの 吉野の山に 雪はふりつつ」(よみ人しらす)

年が明け、春風が吹き、霞の中雪が降る…

次いで「恋」。
469「ほととぎす なくやさ月の 菖蒲草 あやめもしらぬ 恋もするかな」(よみ人しらず)
470「音にのみ きくの白露 夜はおきて 昼は思ひに あへず消ぬべし」(素性法師)
471「吉野河 いは浪たかく 行く水の はやくぞ人を 思ひそめてし」(紀貫之)

まだ噂でしか知らない人、恋に気づき、思い悩む日々が始まる…

このように古今和歌集では、歌と歌が互いに寄り添いながらゆっくりと変化していきます。とどのつまり選者達は、四季や恋の「移ろい」それ自体に美を見い出したのです。
絶えなく変化する森羅万象、それを留めようとする永遠に叶わぬ希求。このギャップによって生じる葛藤、虚無、滑稽そして絶望こそが古今和歌集が描く美の本質です。

紫式部の「源氏物語」、世阿弥の「風姿花伝」、松尾芭蕉の「猿蓑」、尾崎紅葉の「金色夜叉」、三島由紀夫の「豊饒の海」。
これら代表的な文学作品はもちろんのこと、文学、書画、芸事など狭義の日本文化、果ては日常生活における季節感、恋愛観において、私たち日本人はすべからく古今和歌集で紡がれた美意識の下に生きているといって過言ではありません。
まさに日本文化のバイブル!

impact

紀貫之は古今和歌集の「仮名序」にこう記しました。

「たとひ時移り 事去り 楽しび哀しびゆきかふとも この歌の文字あるをや(略)歌の様をも知り この心を得たらむ人は 大空の月を見るがごとくにいにしへを仰ぎて 今をこひざらめかも」
古今和歌集(仮名序)

大空の月を見上げる様に昔の日本への思いを寄せれば、古今和歌集が出来た時代を恋慕わないことなんてない…
→関連記事「貫之様にインタビューしてみた ~古今和歌集 仮名序妄訳~

古今和歌集はなにも遠い過去の遺物ではありません。
歌を愛するこころさえあれば、いつでも私たちを迎え入れてくれます。あたたかく。

さあみなさん、和歌を通じて日本美の深淵を探りに行きましょう!

→「平成和歌所の歌会

(書き手:和歌DJうっちー)

古今和歌集 恋歌残酷物語 その11「恋の季節は巡りゆく」

古今和歌集 恋一【542】「春たてはきゆる氷ののこりなく 君か心は我にとけなむ」(よみ人しらす)
古今和歌集 恋一【545】「夕されはいととひかたきわかそてに 秋の露さへおきそはりつつ」(よみ人しらす)

—————-
あの人を垣間見た春から、季節はもう秋になった。

恋の物思いに耽っていると、四季の巡りが早く感じられる。

相変わらず夕方ともなると、涙で袖は濡れに濡れる。秋露が付いたのだろうか?

来年の春には氷が残りなく溶ける様に、あの人の心よ、どうか私に溶けてくれ。

(書き手:和歌DJうっちー)
→関連記事「5分でわかる恋歌の全て ~古今和歌集 恋歌残酷物語(総集編)~
IMG_3750

古今和歌集 恋歌残酷物語 その10「深淵の思い」

古今和歌集 恋一【535】「とふとりのこゑもきこえぬ奥山の ふかき心を人はしらなむ」(よみ人しらす)
古今和歌集 恋一【537】「相坂の関になかるるいはし水 いはて心に思ひこそすれ」(よみ人しらす)

—————-
あのひとは兄の婚約者。
抱いてはならぬ、恋心。
とても人に明かせるものではなく、思いしのぶより他はない。

ただ、どうかあのひとよ知ってほしい。
鳥達の声が聞こえぬあの奥山のように、この深い深いあなたへの思いを。

知ってほしい。
それだけがせめてもの慰め。

(書き手:和歌DJうっちー)
→関連記事「5分でわかる恋歌の全て ~古今和歌集 恋歌残酷物語(総集編)~
IMG_3723

古今和歌集 恋歌残酷物語 その9「涙の河」

古今和歌集 恋一【527】「涙河枕なかるるうきねには 夢もさたかに見えすそありける」(よみ人しらす)
古今和歌集 恋一【529】「篝火にあらぬわか身のなそもかく 涙の河にうきてもゆらむ」(よみ人しらす)

—————-
この涙はなぜ流れるのか?

あのひとに逢えない悲しみ、叶わぬ恋への絶望、それとも己の無力さに嘆いてか?

例えでもなんでもなく、涙が河のように流れ留まらぬ。

夢さえも確かに見えない有様だ。

この涙の河に浮かんでも、恋の心は燃え続けている。

(書き手:和歌DJうっちー)
→関連記事「5分でわかる恋歌の全て ~古今和歌集 恋歌残酷物語(総集編)~
IMG_3681

古今和歌集 恋歌残酷物語 その8「儚さの極致」

古今和歌集 恋一【522】「ゆく水にかすかくよりもはかなきは おもはぬ人を思ふなりけり」(よみ人しらす)


あの女を思い始めて何日立つだろう。

10日、20日、30日、、、ゆうに100日は経っただろか?
数を書いてみよう。
紙ではなく水面に。

ふっ、そんなあやない事をしてどうしようというのだ。
描いた刹那、虚しく消えてしまうというのに。

それにもまして儚いのは、思ってくれない女をこうして思い続けることよ。

(書き手:和歌DJうっちー)
→関連記事「5分でわかる恋歌の全て ~古今和歌集 恋歌残酷物語(総集編)~
IMG_3650

古今和歌集 恋歌残酷物語 その7「夢で逢えたら」

古今和歌集 恋一【516】「よひよひに枕さためむ方もなし いかにねし夜か夢に見えけむ」(よみ人しらす)


目を閉じると、何ともなしにあの人の姿が現れてくる。
考えない様にすればするほど、それは更に強くなる。
これは拷問だ!

せめて夢で逢瀬を果たそう。

恋しい人に枕を向けたら夢で逢えるという
そんな戯言さえも今は頼ってしまいそうだ

この枕はどこに向けたらいい?

こうしてまた、眠れぬ夜は虚しく更けてゆく。

(書き手:和歌DJうっちー)
→関連記事「5分でわかる恋歌の全て ~古今和歌集 恋歌残酷物語(総集編)~
IMG_3640

古今和歌集 恋歌残酷物語 その6「たゆたう舟」

古今和歌集 恋一【508】「いで我を人なとがめそおほ舟の ゆたのたゆたに物思ふころそ」(よみ人しらす)

—————-
物思いの日は続く。
相手構わず恋をしていた頃が嘘のようだ。
打ち明けられない恋とは、かくも辛いものだとは知らなかった。

海へ行こう。
あの大海に包まれれば、少しは気が休まるかもしれない。
さしずめ私は頼りなく漂う一艘の船。ゆらゆらと行方も分からずただ彷徨うだけ。
そんな私を、どうか咎めないでほしい。
この恋を自由に往来できる梶さえあれば、正気に戻るのだから。

(書き手:和歌DJうっちー)
→関連記事「5分でわかる恋歌の全て ~古今和歌集 恋歌残酷物語(総集編)~
IMG_3635

→「令和歌合せ(卯月の会)」4/28(日)9:50~11:50