紫陽花の八重咲くごとくやつ代にをいませ我が背子見つつ偲はむ(橘諸兄)

今日は紫陽花の歌をご紹介しよう。紫陽花はなかんづく雨に濡れた様が愛でられ、日本の初夏になくてはならぬ花となっている。むろん和歌に詠まれて当然という向きもあろう、しかし実際は全くそうでないのである。躑躅は辛うじて古今集の恋に見つけられたが、私のつたない調査力では少なくとも八代集に紫陽花を見つけられず、なんとか万葉集に発見した。あった!という喜びの反面、内容は語るまでもない。八重咲く花のようにいつまでも栄えてください、というおべっかである。しかしなぜ、平安朝に紫陽花は詠まれなかったのか? 原種は“ガクアジサイ”だが、これは主に海岸に自生していた。推測だが、場所がら都人にとっては目に留まらぬ存在だったのではないか。菊の様に色移る紫陽花、そうでなければ平安歌人が歌わぬはずがない。

(日めくりめく一首)

唐衣きつつなれにしつましあればはるばるきぬる旅をしぞ思ふ(在原業平)

いずれ菖蒲か杜若というが、和歌でこのふたつを見分けるのは易しい。説明したが歌に詠まれる菖蒲はいわゆる「花菖蒲」ではなく「根菖蒲」であるため、違いが一目瞭然なのだ。ただ一方で別の問題がある。杜若であるが、これがどこにあるのか分からないのだ。今日の歌をご覧いただきたい、一見すると「長い旅路でくたくたになった着物」を詠んだ歌のようだが、これに杜若が詠まれているのだ。どこに!? 五七五七七それぞれの句頭をつまんでみてほしい、そうすると「か・き・つ・ば・た」と現れるではないか! ちなみにこれを「折句」という。それだけなくこの歌には枕詞、序詞、掛詞、縁語が使われ技法の総合デパートの様を呈する。よって本意は『都に置いてきた妻を思い感じる、遠い旅路の哀切』となる。詠み人の業平には珍しい技巧満載の歌だが、伊勢物語(第九段)を見ると「かきつばたといふ五文字を句の上にすゑて、旅の心をよめ」とあり、友人のムチャぶりに応えた歌だと分かる。

(日めくりめく一首)

思ひいづるときはの山の岩躑躅いはねばこそあれ恋しきものを(よみ人知らず)

花の季節はやはり春なのか、和歌の夏は鳥(ホトトギス)や雨にほとんど占められて、かろうじて卯の花や花橘が詠まれるくらい。存在は極めて薄い。しかし我々が夏に連想する躑躅(つつじ)や紫陽花は詠まれないのかというと、そんなことはない。ないのだが、ほとんど少なくてまるで無視されているようだ。そんなわけで今日の歌は古今集から四季ではなく恋部からかろうじて見つけてきた。
『思い出す時は常盤山の岩躑躅のように、口に出して言わないけれど恋しいのです』。岩がつくがちゃんと躑躅が詠まれている。内容は初めしころの忍ぶ恋なのだがすっきりしない。それは「ときは」に「常盤」と「時は」、「いは」に「岩」と「言は」を掛けた技巧優先の歌であるからだ。であるからしてこの躑躅はどうしても岩のあたりに咲く岩躑躅でなければならない。

(日めくりめく一首)

夢よりもはかなきものは夏の夜の暁かたの別れなりけり(壬生忠岑)

昨日の後鳥羽院の歌、現実のむなしさにせめて夢で逢えたいという哀訴が込められていた。だが果たして現実に逢瀬を遂げたところで、それは本当に幸福なのだろうか? 出会いと別れは表裏一体、夜が必ず来るように朝もまた必ずやって来る。逢瀬は絶頂を極めるほどに、別れは残酷な仕打ちとなるだろう。それでも逢いたいと思うのか、夢の中だけに生きていた方が幸せではないのか。今日の歌は迫真の調べをもって我々に真理を問いかける。詠み人は壬生忠岑、実感なくしてこのような絶唱は成し得ないだろう。

(日めくりめく一首)

かるたの甲子園と百人一首

少し早いですが、今年もそろそろ甲子園の時期ですね。
といっても選手は丸刈り男子ではなく着物女子、そうです「競技かるた」の甲子園です!

→「全国高等学校かるた選手権大会」(近江神宮)

しかしかるたの甲子園、運営費がピンチらしいのです。ただそれは人気に陰りが出たのではなく、むしろ反対に参加者が増えすぎたため、会場の確保や畳の設営などで運営費が増えたからとのこと。当初全国わずか8校から始まった大会は、今や50校を超える参加があるそうです。嬉しい悲鳴というやつですね。
近年のかるたブームの立役者はもちろん漫画「ちはやふる」、2007年から始まった連載は今なお続いていますから、競技かるたのファンはまだまだ増えそうです。

→「かるたの甲子園参加者急増で運営費ピンチ、協賛金募る」(毎日新聞)

ところでなぜ、かるたの甲子園が「近江神宮」で行われるかご存知でしょうか?
明白ですね、それは百人一首の巻頭を飾る「天智天皇」が祀られているからです。
ではなぜ、百人一首の巻頭は「天智天皇」なのでしょう?
これは奥が深い問題です。なぜなら百人一首、その成立の根幹に触れる問題だからです。
続きを読む →

まだ宵の月待つとても明けにけり短き夢の結ぶともなく(後鳥羽院)

『日暮れの月を待っていたのに、あれよという間に夜は明けてしまった。短い夢を見ることもなく』。夏の短夜の歌であるが、終始恋の匂いが漂っている。月は男の暗喩、待つ女はそれを見ることなくはかなく夜は明けてしまうのだった。こんなことならせめて夢にすがったのに、短い夜はそれを結ぶことも許さない。救いようのない嘆息に、ひたすら待つことを強いられた女の苦しさが伝わる。
さて今日の歌であるが、またも驚くべきことに詠み人は後鳥羽院である。もちろん題詠であったろう、題詠では完全にそれに即して詠むことが求められるが、後鳥羽院は見事に千変万化してこの歌では悲愴の女になりきっている。後鳥羽院の上手さの根本は、この器用さにあると言っていい。

(日めくりめく一首)

短夜のふけゆくままに高砂の峰の松風吹くかとぞきく(藤原兼輔)

「高砂の峰の松風」には何やら新古今風の艶なる声調を覚えるが作者は藤原兼輔、後撰集に採られた歌である。ということで内容はいたってシンプル、「夏の夜、深養父が琴ひくを聞きて」という詞書に明白だが、『美しい琴の調べを更けゆくほどに聞きほれていると、まるで高砂の峰の松風が吹いているようではないか』と、琴の名手であった清原深養父の調べを全力で讃えた歌だ。ただあくまでも「夏部」の歌であるので、歌集的な見どころはあっという間に更けてゆく「夜の短さ」にある。
ところでご存知であろうか、かの紫式部は詠み人兼輔の曾孫であり、清少納言は深養父のそれであることを。平安時代を代表する才女はライバル関係にあったが、その曽祖父は夜どおし風流を楽しむ親しい間柄であったのだ。

(日めくりめく一首)

過ぎぬるか夜は寝覚めのホトトギス声は枕にある心地して(藤原俊成)

季節は穏やかでありながら、移ろひをやめぬ。『もう朝になったのか? 寝覚めの枕にはホトトギスの声が聞こえるようだ』。夢か現か? 寝覚めの際はおぼろげで、ホトトギスの声が頭に残る。それは恋の名残、夢の中でしかあえない最愛の人との逢瀬。詠み人は藤原俊成、さすが新古今歌人の師匠らしく物語ある抒情歌だ。しかし例えば俊成卿女であれば、結句「心地して」など決して加えなかっただろう。
さて、お気づきの方もいるかもしれないが、歌題は「ホトトギス」から「短夜」に移った。夏はいよいよ更けてゆく。

(日めくりめく一首)

月残る寝覚めの空のホトトギスさらに起き出でて名残ぞを聞く(京極為兼)

ここ数日、意味深のホトトギスが続いたせいだろうか、この歌には心地よい脱力感を覚える。『寝覚めると月が残る空にホトトギスが鳴いている。起き出でて、その名残の声を聞くとしよう』。この歌に見える有明月には恋の匂いなどまったくない、ただ目覚るままに、目に飛び込んできた朝の風景。しかし月は衰えてみえる、夏の太陽が日に日に勝るのだ。なるほど、ホトトギスが鳴くのもあとわずか、その名残をしっかりと聞いておこう。なんともゆったりとした調べである。しかしこのような歌ならぬ歌は、八代集にはほとんど見られない。それでもやはり和歌であるのは、歌に有閑の風雅があるからだ。

(日めくりめく一首)

ホトトギスそのかみ山の旅枕ほのかたらひし空ぞ忘れぬ(式子内親王)

式子内親王の代表歌だ。「そのかみ山」は以前も説明したが「そのかみ(昔)」と「其神山」を掛ける、そしてこの山の下に鎮座するのが賀茂神社である。言うまでもなく式子が斎院として、多感な十代を駆け抜けた場所だ。詞書にも「 いつき(斎)の昔を思ひ出でて」とあり、ノスタルジーは明白。ホトトギスも歌語の設定などという理知はなく、純粋に思い出を鮮やかに呼び覚ます風景の一つに過ぎない。真っ青な大空、ホトトギスの声、ありありと思い出る友との語らい。「ほの」の二文字がこの瞬間をいっそう宝物にして、結句「忘れぬ」の強さから幸福感が滲み出る。年を重ねれば誰もが失う青春の輝き。しかしそれは胸の奥底に確かに残っているのだ。 この歌に触れたなら、あなたも同じ感動を得ることだろう。

(日めくりめく一首)

→「令和の歌合せ(皐月の会)」5/26(日)10:00~12:00