和歌(平成題詠)「恋すれば 色もさやかな いわつづじ 言わずに秘する 心やはなる」

【つつじ】 「こひすれば いろもさやかな いわつづじ いわずにひする こころやはなる」(和歌DJうっちー) 色とりどりの躑躅(つつじ)が咲く季節になりました。 その「つつじ」、古今和歌集の中では「いわつつじ」として1首だ...

和歌(V系恋歌)「しののめの 空の宵へと 落ちるまで 君をし抱き 恋ぞ語らむ」

「しののめの そらのよいへと おちるまで きみをしいだき こひぞかたらむ」(和歌DJうっちー) 朝も夜も君を抱きたい。 古今和歌集の男女の逢瀬は、日が暮れると男が女の元へと訪れ、夜が明けると去っていくのでした。 ですので...

和歌(句題漢詩)「留めども 春は去りゆく 寂寞に さみだれ濡るる 我を残して」

【「留春春不駐 春帰人寂寞」といへることをよみ侍りける】 「とどめども はるはさりゆく せきばくに さみだれぬるる われをのこして」(和歌DJうっちー) 今日は4月30日。 日に日に暖かくなり、春の終わりを感じさせます。...

和歌(習志野)「茜浜 海にこだます うぐひすを 誰や言ひけむ 谷のものぞと」

「あかねはま うみにこだます うぐいすを たれやいひけむ たにのものぞと」和歌DJうっちー 春の陽気に誘われ、茜浜に貝拾いに行きました。 そこでなんと、松林の中からうぐいすの鳴き声を聞きいたのです。 これには驚きました。...

和歌(句題漢詩)「ことごとく 残花を落とす 夜の雨 さめざめと啼く 暁の鳥」

【「春眠不覚暁 処処聞啼鳥 夜来風雨声 花落知多少」といへることをよみ侍りける】 「ことごとく ざんかをおとす よるのあめ さめざめとなく あかつきのとり」(和歌DJうっちー) 和歌を詠むうえで、漢詩には非常にインスピレ...

和歌(平成題詠)「さくら花 散りに跡を 雪やなぎ 追ふて行くとや そそくさと消ゆ」

【ゆきやなぎ】 「さくらばな ちりにしあとを ゆきやなぎ おふてゆくとや そそくさときゆ」(和歌DJうっちー) 和歌では、雪を桜の花に見立てるのが常套的な表現ですが、「雪柳(ユキヤナギ)」に群群と咲く小さい花は、まさに雪...

和歌(奥出雲)「春野辺の 青きむらむら 摘みてゆく その小さき手 母と繋いで」

【入学式、母親に連れられてゆく思い出を詠める】 「はるのべの あおきむらむら つみつゆく そのちいさきて ははとつないで」(和歌DJうっちー) 春の思い出を彩る色、と聞いて何色を連想しますか? やはり「桜色」が定番でしょ...

和歌(平成題詠)「おもしろし 季節外れの 雪降れば 花散る枝に 冬の花咲く」

【暮春に雪の降れる時詠める】 「おもしろし きせつはずれの ゆきふれば はなちるえだに ふゆのはなさく」(和歌DJうっちー) 昨日までの暖かさが一変! 突如、雪が降るまでの寒気がやってきました。 おかげで、しまうつもりの...

和歌(平成題詠)「春風よ いたくな吹きそ あはれ知る 気高き花は 自ずから散る」

【春の風強き日に詠める】 「はるかぜよ いたくなふきそ あはれしる けだかきはなは おのずからちる」(和歌DJうっちー) 今日の風は強かったですね。 せっかく満開になったばかりの桜を、全て散らせるような勢いでした。 そん...

和歌(平成題詠)「春早し 一夜過ぐれば 花が咲き 二夜過ぐれば 蝶となりぬる」

【春の移り変わりを詠める】 「はるはやし ひとよすぐれは はながさき ふたよすぐれば てふとなりぬる」(和歌DJうっちー) 春というのは、本当に移り変わりが早いです。 昨日まで蕾だった桜が一晩で満開になるように、またそれ...

和歌(平成題詠)「凛々と 春陽一刃 花を差す 鋭く陰る その散り様よ」

【春の陽差し強い日に詠める】 「りんりんと はるひいちじん はなをさす するどくかげる そのちりざまよ」(和歌DJうっちー) 春の太陽は、風景の明暗をくっきり分ける鋭さがあります。 私が思うに、それは風景が色づいたことに...

和歌(平成題詠)「おしなべて 春は来ぬらし ようようと ビルの隙間に 桜繁ける」

【桜の満開を詠める】 「おしなべて はるはきぬらし ようようと びるのすきまに さくらしげける」(和歌DJうっちー) 桜の木は本当に至るところにありますね。 雑然とした街中、普段はほとんど存在感のない桜も、この時期はここ...