見わたせば山もとかすむ水無瀬川ゆふべは秋となに思ひけむ(後鳥羽院)

「秋は夕暮れ。夕日の差して山の端いと近うなりたるに…」とはだれもが暗唱させられた枕草子第一段の一文であるが、新古今でも「三夕の歌」が賞美されるように、『夕暮れといえば秋!』というのが当時の詩情的には常識化していた。このように、いったん確固に定型化(ルール)がなされると、それを頑なに順守するのがたいていの平安歌人たちである。がしかし、そんなルールなんてクソくらえというようなジャイアニズムの人も稀にいる、その代表格が後鳥羽院だ。この歌は夕暮れ時、おぼろに霞む春の水無瀬川の感動が率直に詠まれている。しかしそれ以上に興味深いのは下の句、『夕暮れは秋だなんて何言ってやがんだバカやろう!!』。後鳥羽院のアグレッシブさがひしひしとと伝わってくる。

(日めくりめく一首)

わくわく和歌ワークショップ「風雅の誠」(3月の会)

蕉風俳諧の精神として知られる「風雅の誠」。
平成和歌所では、毎月の「わくわく和歌ワークショップ」で、大胆にもこの「風雅の誠」の探究をしています。それはもちろん、俳諧ではなく愛する古典和歌や文学を通じて。
さあみなさん、一緒に日本美・日本文化の真髄をあそび倒しましょう。

続きを読む →

春の夜の夢の浮橋とだえして峰にわかるるよこぐもの空(藤原定家)

さて、昨日の式子内親王に続き定家の「霞」である。といっても、この歌には霞の文字は見えない。しかし、これが採られた新古今集では霞の歌群に配されており、たしかに受ける印象は霞のように朦朧としている。春の夜、そのはかない夢は途絶えて、横雲が棚引いている。なんという歌だろう! 作者が何を言いたいのかさっぱり分からない。そう、この歌には主意なんてものはないのだ。あるのは言葉の重層、配合によって残されたありもしない幻影だけ。まさに言葉による芸術! これを打ち出した定家と、それを認めた後鳥羽院の審美眼に恐れ入る。

(日めくりめく一首)

あと絶えていくへもかすめふかくわが世をうぢやまの奥のふもとに(式子内親王)

強烈な歌である。春の「霞(かすみ)」はその奥に隠れる花を見たいから、といった理由で、そうそうに薄くなるのを期待するのが和歌の常套であるが、この歌では「幾重(いくへ)もかすめ」、つまりもっと濃くなってほしいと命じている。してその奥に隠れるのは自分なのである。春を歌ってはいるが、自閉的でダークな印象がはなはだしい。また初句の「あと絶えて」が切迫感を強くし、構成的にも練られている。さすが式子内親王といった感である。式子は百人一首の「玉の緒よ絶えなば絶えね」でも知られるが、ともに題詠であったにせよ特出した個性である。こんな歌を送られて返せる男がいるとしたら、やはり定家になるのだろうか?

(日めくりめく一首)

うすくこき野辺のみどりのわか草にあとまでみゆる雪のむら消え(後鳥羽院宮内卿)

春の雪解けのみずみずしさ、はつらつとして気持ちのいい空気感。ねちっこいのが大半の和歌において、このように清々しい歌は珍しい。なぜか? それはこの歌が純粋な写生歌だからだ。半面、作者の抒情はいっさい入っていないということになる。であるゆえか、「有心」を重んじた定家は百人一首に宮内卿を採っていない。でも私はこの歌が好きだ。「薄く濃き」、「跡まで見ゆる」と雪解けの情景を重奏させ、春のいっそう春たらしめている。彼女はこの見事な歌によって「若草の宮内卿」と呼ばれた。しかし和歌に芽吹いたこの新しい才能は、若干20歳ではかなく散ってしまう。再び和歌の若草が萌えいづるには、京極派(玉葉・風雅集)の登場を待たねばならない。

(日めくりめく一首)

【和歌マニア(第75回)】春はいつから春? 勅撰集で知る春のはじまり!


梅もほころび、春はもうすぐそこ! でも春っていつから春なんでしょう? 今日は勅撰集の一番歌から、春のはじまりを探ってみます。今日もろっこの易経が冴える! 陰陽(タオ)で二十四節季を解説、これは新しい!
続きを読む →

うぐひすの谷よりいづるこゑなくは春くることをたれかしらまし(大江千里)

レノンといえばマッカートニーであるが、梅といえば「うぐいす」なのである。この抜群の取り合わせははやくも万葉集にみえる。このような景物の定型化は漢詩に由来することが多い。漢詩でも梅にうぐいすは常套であり、とくに杜牧の七言絶句「江南春」は有名である。「千里鶯啼緑映紅(せんりうぐいすないてみどりくれないにえいず )」。さて、今日の作者は和漢詩文に優れた大江千里である。先に断っておくが「せんり」ではなく「ちさと」と呼んでほしい。さもなければ格好悪いふられ方をするやもしれぬ。千里は漢詩句を和歌にアレンジした「句題和歌」を撰集し、漢詩の和歌との橋渡しを担った。この歌は春の訪れを立春という暦ではなく、うぐいすの声で知るというのに見どころがある。春の感じ方も十人十色だ。

(日めくりめく一首)

風雅の誠を追っかける!

同じものをかの藤原俊成は「本意(ほい)」と言い定家は「有心(うしん)」と著した。そして芭蕉が諭したのが「風雅の誠」である。
風雅とは狭義に詩文や書画への嗜みとされるが、これは広く花鳥風月そして恋、この世をうつろひやまぬ美的様相への希求心である。これらをやむなく留めたのが詩歌であり、その極意が三冊子で語られた「不易流行」だ。

現代人はすべからく満たされているが、ひとつ欠けているものがある、それこそが「風雅の誠」である。
ひと欠けといっても、これが心のど真ん中であるからタチが悪い。して私たち現代人はみな委縮し、閉塞し、退屈なのである。いまこそ、私たちに必要なのは「風雅の誠」なのだ。それは享楽であり希望であり人生である。
楽しまなくてどうする、遊ばなくてどうする。人生の誠は追及をとめぬものにしか味わうことができない。そしてそれは、ひとりより大勢のほうが心地いい。
ともに走ってみないか、風雅の誠へ続く道を。

(書き手:和歌DJうっちー)

松の葉の白きをみれは春日山こもめもはるの雪ぞふりける(源実朝)

松の葉にかかる白いものを見ると、あぁ春日山に春の雪が降っているなあ。木の芽も張って。という歌である。芽が「張る(つぼみが膨らむ)」と「春」の掛詞が見えるが、ほとんど凡庸な歌である。ところでこれには本歌がある。「霞たちこのめもはるの雪ふれば花なきさとも花ぞちりける」(紀貫之)。本歌は「花(桜)」なので芽が張るのも理解できるが、「松」はいかがなものだろう? さて作者はだれあろう、鎌倉代三代将軍源実朝である。所収は若干22歳でまとめられた「金槐和歌集」、つまりこの歌は、東の田舎青年が貫之への憧れ一心で詠んだ歌なのである。子規以来、実朝を万葉風歌人と決めつける方がたくさんおられるが、大きな誤りである。

(日めくりめく一首)

春の和歌まつり「第一回 春あわせ」(池上梅園)

来たる2019年2月16日、和歌所恒例の和歌祭を開催します。
今回のテーマはずばり「春あわせ」!

歌はもちろん書画、写真、音楽など、「春」を題材とした自他の作品をご紹介ください。
春の情景が印象的な古典のワンシーンなんかもいいですね。
みなさまとっておきの「春」をご持参いただき、左右チームに分かれて合わす(=プレゼン合戦)を楽しみましょう。残念ながら“いい感じの春がない”という方は、「おもいびと」としてチームを応援してください。

会場は梅の香薫る「池上梅園」! 春の訪れを心と体で満喫したいと思います。
続きを読む →

さはに生ふる若菜ならねどいたづらにとしをつむにも袖はぬれけり(藤原俊成)

沢に生える若菜ではないが、むだに年をつむ(摘む、積む)ほどにこの袖は濡れちまったよ。どこのジイさんの歌だろうか? 実はだれあろう、定家の父、藤原俊成である。新古今に採られた歌だが、息子の耽美な歌と比べるとどうにも野暮ったい。だが俊成はこれが正しい。それは年寄りの枯れた境地、といった安っぽい理由ではない。俊成は古今集のリバイバルに人生を掛けた、この平易な情景と修辞の駆使こそが古今調なのだ。しかし、であるとしても若菜と加齢は相性が良くない。ちなみに古今集には「雪を白髪に見立てる歌」があり、これは納得できる。

(日めくりめく一首)

はるの野にすみれつみにと来しわれぞ野をなつかしみひと夜ねにける(山部赤人)

古今集と新古今集には300年の間隔があるが、そこに文化違いはほとんど見られない。しかし古今集と150年の間隔しかない万葉集との間には、人間が違うんじゃないかと思うほどの隔たりが見られる場合がある。その主な現象が言葉であったり、歌に好まれる花の種類だったりする。その一例が今回の「すみれ」だ。歌は単純で、すみれ摘みに来た野が懐かしくて寝ちまった、というまさに牧歌的万葉歌である。しかしこのすみれ、古今集以後の勅撰集ではほとんど詠まれない。こういうのは他にもある、「あぢさゐ(あじさい)」をはじめ「ゆり」「つばき」「あさがほ」「もも」などだ。古今集では花を厳選した、つまり美の基準を設けたのだ。古今集には文化があり、万葉集にはそれがなかったのである。

(日めくりめく一首)

やまざくら霞のまより ほのかにも見てしひとこそ恋しかりけれ(紀貫之)

似ている。。「山桜」を「若菜」に、「霞」を「雪間」に置き換えてみてほしい。昨日紹介した忠岑の歌と全く同じ構成ではないか。しかしそれでいて、歌から受ける印象は異なる。それが効いているのは「山桜」であろう。この貫之の垣間見の歌からは出会いの衝撃そのものより、チラリとのぞいた女性の美しさがより強く感じられる。それはおそらく高貴な女、決して手の届かない高嶺の花。山桜にはそのように思わせる気高さがある。貫之は恋歌でも掛詞など技巧にはしるタチであるが、この歌の見立ては素直にして分かりやすい。そしてなにより美しい。

(日めくりめく一首)

かすがのの雪間をわけておひいでくる草のはつかに見えしきみはも(壬生忠岑)

恋がはじまる季節といえばいつだろう。情熱燃え盛る夏、感傷深まる秋、ゲレンデのアバンチュール冬。どれも違う。どう考えたって春じゃないか。この歌は春、運命的な女性との出会いのシーンをとらえた歌だ。雪の間から生えくるあの若草のように、ほんの一瞬見えた君、衝撃のチラリズム! 誰にもあるだろう、一目惚れの瞬間が見事に歌われている。この歌が活きているのは「若菜」である、この言葉ひとつに我々は青春の初々しさを思うのである。この歌に共感できない人間がいるならば、きっとまっとうな恋をしてこなかったのだろう。

(日めくりめく一首)

【和歌マニア(第74回)】ろっこのスリランカ紀行&睦月の歌をご紹介


帰ってきた和歌マニア! って終わってないんですけどね、、とにかく久しぶりの放送です。実はろっこ、スリランカに行っていました。そこで出会ったスリランカ美人や仏教の話をしちゃいます。もちろん、和歌の話も、今回は一月に和歌所で詠まれた秀歌をご紹介! ぜひお聴きください♪
続きを読む →

ひき別れとしはふれどもうぐひすの巣たちしまつのねを忘れめや(明石の姫君)

昨日ご紹介した歌は母(明石の君)からの贈答歌であったが、これはその娘(明石の姫君)からの返歌である。ちなみに両歌とも主題は「まつ(松と待つ)」である。よって縁語として「引く」が得られるのだが、これは当時の貴族が年始の初子の日に小松を引いて長寿を祝う、というほとんど理解できないイベントに関連する。さて、この歌について作者はこう感想を述べている「くだくだしくぞあめる(くどいったらありゃしない!)」である。ここは普通、いい感じのエピソードにして終わらせるところだが、そうはしないのが紫式部という人なのである。

(日めくりめく一首)

年月をまつにひかれてふる人にけふうくひすの初音きかせよ(明石の君)

初音といえばミクだろう、まったく同意する。しかし、こと古典に至っては違うものを連想しなければならない。それが源氏物語で詠まれたこの「うぐいすの初音」歌である。春を心待ちにする歌の裏に、出自の貧しさゆえに実の娘に合うことができない(年を経て待つ)母親の切望(せめて声をきかせて)が秘められている。源氏物語第二十三はこの世の春を謳歌するおっさん(=光る君)の嫌らしさで溢れているが、この歌によって情趣を保っている。

(日めくりめく一首)

いづる日のおなじひかりによもの海のなみにもけふや春はたつらむ(藤原定家)

なるほど、凡作である。波と春が「立つ」という、“立春歌あるある”で構成された、ほとんど見どころがない歌である。しかしこの歌の作者はだれあろう、かの藤原定家卿なのだ。所収は初学百首、御大二十歳の作とはいえ、後の巧みな狂言綺語を思うとすこし肩透かしをくらった気持ちになる。しかし一方、私たち俗歌人には一筋の希望となる。天才は一日に成らずということだ。

「日めくりめく一首」

ふる雪のみのしろころもうちきつつ春きにけりとおどろかれぬる(藤原敏行)

後撰和歌集の一番歌である。まず思うのが、華の一番歌をなぜに敏行が? である。私のつたない古典知識では、彼の歌人としての実績がさほど思いあたらない。だいたい「おどろかれぬる」なんていう、便利な言葉をを安易につかいまくってる印象の人なのである。おっと言い過ぎた。さて詞書によると、「正月一日、二条の后の宮にて白きおほ袿をたまはりて」とある。自慢ばなしの歌なのだろうか? いや、「みのしろころも」は「蓑代衣」を掛けていると思われる。そうなると「わが衣手に…」的な抒情の歌になる。

「日めくりめく一首」