五月待つ花橘の香をかけば昔の人の袖の香ぞする(よみ人知らず)

「花橘」が詠まれたこの歌、古典ファンであればそらんずる方も多かろう。古今集では題知らず、よみ人知らずで採られるが、伊勢では第六十段に「むかし男(業平)」の歌として物語が載る。詳細は出所に譲るが、女(元妻)が酒の肴に出した橘に、女の薫物の香(花橘)を思い出し、自分がそれを知る男=元夫であることをほのめかすというものだ。たわいもない内容だが疑問が残る、それは初句「五月待つ」だ、これがなくともプロットは通る。実は「五月待つ」を据えて、男は女を待っていたことを訴えているのだ。だからこそ、女は恥じて尼になるというオチが六十段にはつく。花橘とは女の面影であり、男自身だったのである。

(日めくりめく一首)

五月雨のそらなつかしく匂ふかな花橘に風やふくらむ(相模)

『五月雨が上がった空、なんだか心が惹かれる匂い。きっと花橘に風が吹いてるんだ』。いかにも和歌らしい余情を感じる風景が詠まれている。これまで数首の五月雨を鑑賞したが、お気づきになられただろうか? それは五月雨は、鬱蒼と降り続ける雨の情景を詠むのではなく、晴れ上がったその瞬間の快活な気分、再び相まみえた日差し、空気の様子を捉えたものが圧倒的に多いことだ。これは春に似ている、冬ごもりしてようやく出会えた春の感動だ。
季節は巡る、これからはしばらく「花橘」にお付き合いいただこう。

(日めくりめく一首)

五月雨の空だにすめる月影に涙の雨は晴るる間もなし(赤染衛門)

『雨は上がり、空には清らに澄んだ月が浮かぶ。しかし私はの気持ちは晴れることなく、変わらず泣き続けています』。五月雨の恋であるが昨日の躬恒より幾分優れていよう、「五月雨」(みだれ)を響かせて、苦悶の女を間接的に描いている。
当時の女房歌人において赤染衛門は折に和泉式部と並び評されるが、この二人の上手さには共通点がある、それは恋の歌において押しつけがましさが少ないことだ。それでいて芯を衝く。赤染衛門はおしどり夫婦でも知られるが、それには歌の巧みさも手伝ったのだろう。

(日めくりめく一首)

五月雨に乱れそめにし我なれば人を恋路に濡れぬべらなり(凡河内躬恒)

お分かりの様に四季ではなく恋の歌である。『五月雨のように、あなたへの思いに乱れ始めた私は、恋路にはまってずぶ濡れになったようだ』。雨は「涙」の暗喩、「みだれ(乱れ)」という言葉の響きも相まって、和歌の恋に五月雨という叙景は抜群にふさわしいと思うのだが、今日のような歌はことのほか少ない。詠み人は凡河内躬恒、おのずと期待も高まるが拍子抜けだ。恋に乱れて濡れるとは、発想として予定調和が過ぎる。すっぽ抜けの甘いボールを空振りしてしまう、躬恒の悪い癖が出た。

(日めくりめく一首)

【和歌マニア(第86回)】お茶と連歌「Tea Caravan」コラボ記念! 埜ノ風さまとお茶について語りました

来る6月30日、空の下でお茶と連歌を楽しむ「Tea Caravan」を開催します! そこで今回は「Tea Caravan」の主催者、埜ノ風さまのオフィスにお邪魔して、その成り立ちやお茶について伺ってきました。「私が死ぬまで、あなたは私の弟子なのよ」。お茶の師匠と弟子の関係にうっちーも感動です!
「Tea Caravan」コラボ企画の詳細はこちら

五月雨の雲間の軒のホトトギス雨にかはりて声の落ちくる(慈円)

『五月雨の雲の隙間から、雨ではなくてホトトギスの声が落ちてきた』。諧謔めいているがどうだろう? 詠み人は慈円、慈円といえば多分に堅物のイメージがある。それは摂関家の筋であり天台座主というエリート、「愚管抄」を起こし後鳥羽院を戒めたというものあるが、なにより百人一首歌※の印象がそうさせる。他の坊主連中がそのくせ艶っぽい歌が多いのに、慈円だけは民に寄り添ってご立派だ。皮肉を言いたいのではない、彼のようなちゃんとした大人が庇護したから新古今も成ったというものだ。さて、であるからして今日の歌も滑稽を狙ったものではなく、思いもよらぬ体験に寄せた素直な感動であろう。採られたのは玉葉集、五月雨の絶え間を耳で捉えた感性に京極派は感嘆したのだ。

※「おほけなくうき世の民におほふかな我がたつ杣に墨染の袖」(慈円)

(日めくりめく一首)

五月雨は晴れむとやする山の端にかかれる雲の薄くなりゆく(花園院)

『五月雨はやんだのかなぁ? 山に掛かる雲が薄くなってるよ』。小学生の絵日記だろうか? 違う、玉葉集に採られた花園院の御製歌だ。趣向はほとんど似ているが、昨日の歌には山の色に発見があった。今日のはどうだろう、写生というにも恥ずかしい一介の感想文ではないか。このような歌が歌なのか? 歌なのである、いや正確には歌である時代があったのだ。それが京極派が躍動した玉葉・風雅の時代であり、このような単純あらわの歌が新鮮で攻撃性を持ちえたほど、当時一般の詠みぶりは硬直化していたのだ。

(日めくりめく一首)

五月雨は晴れぬと見ゆる雲間より山の色こき夕暮れの空(宗尊親王)

詠み人の宗尊親王は異例の経歴の持ち主である。後嵯峨天皇の第一皇子というやむごとなき身分でありながら、招かれて鎌倉六代将軍となった。歴史上、皇族将軍としては初めての人である。これにより何が起こったか? 鎌倉に本格的な和歌文化が始まったのである。大規模な歌会なども催され、血なまぐさい東夷に雅な貴族文化が花開いたのだ。さて宗尊親王、いろいろあって謀反の嫌疑で京へと追い返される。そもそもお飾りであったのだからやむを得ないが、歌人としては本物だ。『五月雨は晴れたようだ、雲の間から山の色が冴える夕暮れの空が見える』。宗尊親王は多様なスタイルを詠みこなす手練れだが、今日の歌などはまさに玉葉好みの仕立てだ。

(日めくりめく一首)

たまぼこの道ゆく人の言づても絶えてほと降る五月雨の空(藤原定家)

和歌とは基本的に決められた形式に沿って詠む、そういう文芸である。言葉の修辞や景物の設定、本歌取りなどを組み合わせて、その時々に相応しい歌を作るのだ。結果生まれるものは没個性の権化というもので、近現代人事にはもはや退屈になってしまった。ただその約束を離れ、歌の秩序を乱された時代が和歌史には二度ある、ひとつが新古今でもうひとつが玉葉・風雅時代だ。今日の歌はその先駆者定家により、歌に「五月雨の空」と「途絶えた旅人の伝言」が取り合わされている。実のところこのような歌は伝統的文脈からすると気持ち悪さが先に立つ、それはかつて出会ったことのない情景(存在)への恐れだ。解釈が進んだ今では定家一流の歌物語とでも解せようが、当時の旧歌人からしたらマグリットらのシュルレアリスムの作品に触れた心地がしただろう。

(日めくりめく一首)

楝(あふち)咲くそともの木かげ露落ちて五月雨はるる風わたるなり(藤原忠良)

紫陽花は八代集には見えない、そのようにご紹介した。では平安歌人は憂鬱な梅雨の季節、何に心を寄せたのか? その答えのひとつが「楝(あふち)」である。センダンと言い換えた方が分かりいいだろうか、初夏に紫色の小さい花をつける。『楝の花咲く木陰にシトシトと露が落ちている、五月雨のあとに穏やかな風が吹いているようだ』。目にも鮮やかな見事な写生歌であるが、お天気以上に気持ちの晴れやかさが伝わってくる。詠み人の忠良だが、従兄弟に藤原良経、叔父に清輔がいる。と聞けば、なるほど御子左と六条藤両家の声調が美しく調和しているようではないか。

(日めくりめく一首)

→「令和の歌合せ(皐月の会)」5/26(日)10:00~12:00