花散れる水のまにまにとめくれば山には春もなくなりにけり(清原深養父)

花が散って川面を群れて流れるのを「花筏」という、なんとも美しいネーミングだが、それが本当に美しいかは疑わしい。両岸をコンクールに囲まれた川、例えば神田川などは台無しでむしろ花が辱めを受けているようだ。ちなみに「ハナイカダ」という低木の野草があるが、こちらは葉の真ん中あたりに小さい花が咲いてとても愛らしい。
さて、今日の歌は川を流れる方の花を詠んだものだ。作者は思った、川を流れ来るこの花びらはどこからやって来るのだろう。そして作者は行動した、流れのまま春の名残を求めて。たどり着いた先は… そう何もなかった。花は全て散り落ちて、もはや春はなくなっていたのだ。清原深養父、渾身の名歌である。

(日めくりめく一首)

ふしわかぬ春とやなれも花の咲くその名も知らぬ山の下草(花園院)

『桜の訪れを待ちわびたのはいつの日か、花はとっくに散り落ちて梢にはみずみずしい緑が風に靡く。足元は春日を浴びて盛んに繁る草々が夏を誘う。見よ!これまで気に留めなかった花がある。草間を分けて生ふる名も知らぬ小さくて美しい花が。春はまた萌えいづる』
詠み人は花園院、今日の歌はその名にまったくふさわしい。花園院は伏見院の子であり持明院統と京極歌風を固く受け継いだ。京極派は花園院と風雅和歌集によって極まるが、その後を受け継ぐものはとうとう現れなかった。

(日めくりめく一首)

万葉集の引力! 柿本人麻呂の挽歌と六皇子

万葉集とは玉石混交の歌集、以前このようにまとめました。
しかしこのカオスをひと所に留めるには、何らかの引力が必要です。
→関連記事「万葉集のカオス! その特徴(歌風)と本当の魅力を実例で知る

万葉集をひとつの歌集たらしめる引力、それは「柿本人麻呂」という偉大な歌の聖の存在であり、かつ当時の六皇子との交わりにおいて生まれた、神がかった歌の力なのです。
続きを読む →

今朝みれば宿のこずゑに風すぎて知られぬ雪の幾重ともなく(式子内親王)

式子内親王は劇場的な恋歌の名手として理解されているかもしれないが、実のところその個性・歌力が真に発揮されるのは四季歌だ、私はそう思っている。それは同時代に勃興した定家や俊成卿女に見られる物語的風景歌ではなく、高精細な目を通して詠まれる写生歌だ。風雅集に採られた今日の歌などは、その白眉たる一首といえよう。
『今朝、家の桜の梢には風が過ぎてゆく。それは空には知られない雪が幾重ともなく連なるように』。常套的な雪の見立てであるが凡作にならないのは「知られぬ雪」に受ける抒情と、倒置かつ省略された結句「幾重ともなく」により、私たちは永遠なる花吹雪を心に映すからだ。

(日めくりめく一首)

咲けば散る咲かねば恋し山さくら思ひたえせぬ花のうへかな(中務)

今日の詠み人、中務をご存じだろうか? 百人一首には採られていないが、三十六歌仙にも選出され勅撰集に六十首以上も採られた実力者だ。その歌風は女貫之というような母「伊勢」に一歩も引けを取らぬ、正統的な古今調を放つ。自身の歌集「中務集」はミニ古今和歌集というような完成度で、一首の風体から配列に至るまで彼女の冷徹であり完璧主義の性分がにじみ出ている。
だが今日の歌は様子が違う。『咲けば散る、かといって咲かないと恋しい』。ジレンマに対峙して動揺を隠しきれない。特筆すべきは「花のうへ」だ、このような繊細で象徴的なニュアンスは古今調ではまったくない。詞書には「子にまかりおくれて侍りけるころ、東山にこもりて」とある。なるほどこれは哀傷歌だったのだ。一人置き去りにされた母の、桜の花その一片に揺蕩っていつ消えるとも知らぬ、人生というむなしさが歌われていたのだ。

(日めくりめく一首)

吉野山花のふるさとあと絶えてむなしき枝に春風ぞふく(藤原良経)

かつて雪と詠まれることが多かった吉野山が、桜と合わせられるようになったのは平安も中期以降だ。これは平安時代になって盛んになった修験道が関係している。吉野はその聖地として崇められ、信仰の証として桜が献木され続けてきたのだ。和歌でも鎌倉初期の新古今集あたりになると、吉野山イコール桜という連想は定着している。
今日の歌は新古今の名手、藤原良経による吉野桜である。しかしそこに花の姿はなく、木々の枝には春の風がただ虚しくゆき過ぎる。まさに新古今らしい寂寥の風景であるが、良経の名手たる所以は歌の絵画性にあるのではない。際立っているのは音楽性である。このなだらかな調べはヴィヴァルディなどのバロック音楽を共鳴させる。

(日めくりめく一首)

さくら花ぬしを忘れぬ物ならば吹きこむ風に言伝はせよ(菅原道真)

『桜の花よ主を忘れないのなら、吹き込んでくる風に伝言しておくれ』という歌、なんだか似たような趣向を思い出さないだろうか? 例えばこれ『東風吹かば匂ひおこせよ梅の花主なしとて春を忘るな』。桜と梅の違いはあれ、どちらもそれを擬人化して主から言いつけをしている、しかも「風」を使えという指示も同じだ。詠み人だが、実はいずれも菅原道真である。するとどうだろう、今日の歌もなんだか切迫感あるシーンで詠まれたものに思えてくる。詞書にはこうある「家より遠き所にまかる時、前栽の桜の花にゆひつけ侍りける」。むむ、家より遠いところだと… それはやはりあそこか、だ、大宰府なのか!? だとすると、「飛梅」だけでなく「飛桜」があってもおかしくないということだ。う~ん、気になる歌だ。 

(日めくりめく一首)

桜花けふよく見てむくれ竹のひとよのほどに散りもこそすれ(坂上是則)

今日の詠み人は坂上是則である、その氏名で分かるとおり征夷大将軍「坂上田村麻呂」を祖先に持つ。田村麻呂は大納言正三位まで昇ったが、是則は従五位下とかろうじて貴族の面目を保った。これは家持や貫之にも共通することだが、8~9世紀の藤原の勃興によって、かつての大氏族は歌という文芸によってなんとか地位を獲得した。しかしそのポジションですら10世紀頃には藤原氏の亜流に奪われてしまい、歴史からその名を消してしまう。貴族生活が優雅なんていうのはまったくの妄想だ。
さて前置きがながくなってしまったが丁度いい、歌は「桜が散って一夜で竹の一節まで散ったら困る」という、まあいわゆる凡作だ。ただ桜と竹の組み合わせは面白い。

(日めくりめく一首)

【和歌マニア(第82回)】万葉集とは何か? それはカオスだった!


万葉集ってどんな歌集だと思います? 素朴で大らか? 品位ある日本の伝統? それだけではありません、いうなれば「カオス」の歌集! 今回は突如ブームが到来しら万葉集の知られざる秘密をご紹介します。ろっこも万葉集のと・り・こ♡

続きを読む →

→「令和歌合せ(卯月の会)」4/28(日)9:50~11:50