なけやなけ蓬が杣のきりぎりす過ぎ行く秋はげにそ悲しき(曽禰好忠)

『鳴けや鳴け! 蓬が茂って荒れ果てた我が家のきりぎりすよ。過ぎ去って行く秋はこんなにも悲しいのだ』。「きりぎりす」という名はどうにも言葉遊びが出来なかったらしい、ほとんどの和歌では素直にその音色が詠まれている。ただ今日の...

【和歌マニア(第91回)】再び怪人「ワカマーニ」! 文屋朝康の歌の謎を解け!!

秋の野にまたも現れた怪人「ワカマーニ」! どうした? 今日はいつもと様子が違うぞ。和歌探偵とろっこはワカマーニに大切な何かを学ぶのであった…。今回は文屋朝康の「白露に…」からの出題、あなたはこの謎が解けるか!?

すず虫の声振りたつる秋の夜はあはれにもののなりまさるかな(和泉式部)

今日ご紹介する秋の虫は「すず虫」だ。童謡「虫のこえ」にもある「リンリンリン」とまさに鈴のような美しい音色は並みいる虫の中でも随一だろう。ちなみにまつ虫は「チンチロリン」、こおろぎは「キリキリキリ」、「スイッチョン」は何だ...

来むと言ひしほどや過ぎぬる秋の野に誰れまつ虫ぞ声の悲しき(紀貫之)

秋の虫、今日は「まつ虫」である。さて、よく古典文学では今の「まつ虫」は「すず虫」を指し、「まつ虫」こそが今の「すず虫」であると言われる。率直に言おう、どっちでもいい。では一緒くたにしても良いのかと問われればそれは困る、和...

【和歌マニア(第90回)】★和歌で星よみ★ 第8回「射手座」

ろっこが十二星座にピッタリの歌人を月イチで紹介する和歌で星よみ! 今回は射手座です。チャレンジ精神が旺盛な歌人といえば、やはり源俊頼です! 知名度はイマイチですが、沢山の新風和歌を残しました。ろっこも吉三も大爆笑、和歌ラ...

→令和の古今伝授(和歌を詠み書くための会、神無月)10/27(日)9:50~11:50