歌を詠むとは ~歌道の心得~

歌とはなにか、歌を詠むとはいかなる行為か、この問いに近現代のほとんどの詠み人はこう答えるでしょう。
「私の内なる感情の表白」であると。

とした瞬間、歌の良し悪しは「個性」の有無に定められます。自分の心情を赤裸々に告白し、だれでもなく自分にしか詠めない歌にこそ価値があるのだと信じるようになります。「個性的」とか「オリジナリティがある」なんて言葉が達者への賛辞となり、ともすればこれに「新しさ」までも求めて、かつて詠まれたことがないような歌、自分による自分にしか詠めない歌を求めて邁進する、これが近代以降の詠み人の性質なのです。

わたしの考えは違います。
歌とは端的に「道」です、わたしが見ているのは「歌道」なのです。

「道」はお分かりでしょう、剣道とか茶道の「道」です。でもこれを説明するのは難しい…
わたしの理解では「道」とは「あわせること」。かつての先人たちの歩み、その一歩一歩に心身をあわせることなのです。その歩みの表象が「型」であり、「道」にはすべて「型」があります。つまり「道」の真髄とは「型」にひたすらあわせることであり、それ以上でも以下でもないのです。

近代以降、「個性」なる概念を知った日本人は没個性の極みたる「型」を「つまらぬもの」と一蹴してしまいました。「型破り」こそ目指すべき姿であり、「型」などといった真似事は軽んじられるようになったのです。わたしは歌に個性を求めることを否定はしませんが、こんなものは歌という文芸のひとつのジャンルにすぎず決して「歌道」ではありません。

定家に実朝そして西行… 現代でも個性的として称えられる中世歌人ですが、なにより彼らこそが数多の陳腐な類型歌を詠み残したつまらぬ歌人たちでした。しかしそれら類型歌の方が、現代人が秀句とする個性的な歌よりもはるかに重要な意味を持っていたのです。
憧憬するいにしへの歌人に心を重ね、初代の勅撰集たる「古今和歌集」に詞をあわせる。これこそが彼らが信じて突き進んだ「歌道」であったのです。

わたしが指南する「歌塾」も歌の道を明らかにするものです。
歌に「自分らしさ」や「今らしさ」を求めて汲々とする、このような虚しく傲慢な態度をできるだけ排除し、かつての先達が残した道、歴史と自然の大河に無我となって心を重ね合わせる、これを第一の目的としています。そして願わくば、その歩みによって人間としての安寧や幸福を得ていただければ幸いです。

→「和歌を学び、書いて詠むための歌塾

(書き手:和歌DJうっちー)


代表的な古典作品に学び、一人ひとりが伝統的「和歌」を詠めるようになることを目標とした「歌塾」開催中!