一人十首の歌人列伝

藤原定家 ~怒れる天才サラリーマン~

ついに藤原定家の登場です。 和歌に興味を持てば、おのずと彼の名に突き当たることになります。 定家の父は千載和歌集の選者であり、歌道御子左家のオリジン藤原俊成。 →関連記事「藤原俊成 ~和歌界のゴッドファーザー~」 自身は
...続きを読む
一人十首の歌人列伝

柿本人麻呂 ~みんなの憧れ、聖☆歌人~

和歌を語る時、決して欠かすことができない絶対的な存在がいます。 いや(襟を正して…)、いらっしゃいます。 そのお方こそ誰あろう「柿本人麻呂」様です! 人麻呂は名だたる歌人をして、こう言わしめています。 「かの御時に、正三
...続きを読む
一人十首の歌人列伝

俊成卿女 ~溢れ出るムンムン女子力~

俊成卿女はその名のとおり藤原俊成の娘です。俊成の女といったって彼女ではありません、念のため。 ただ娘は娘でも実の父は藤原盛頼、母は俊成の娘八条院三条なので養女ということになります。父盛頼がある事件(鹿ヶ谷の変)で罰せられ
...続きを読む
一人十首の歌人列伝

紀貫之 ~雑草が咲かせた大輪の花~

ついに大御所、紀貫之御大の出番がやってきました。 貫之は古今和歌集の代表的歌人だけでなくその選者として、また土佐日記の作者としても知られる「王朝文化人の王様」ともいえる偉大な人物である。と我々は記憶しています。 ところが
...続きを読む
一人十首の歌人列伝

能因 ~元祖旅の歌人の「ノー、インドア宣言!」~

芭蕉に西行、旅をしながら歌を詠んだ数寄者は数いれど、その元祖でありレジェンドたる人物が能因です。 能因は俗名を橘永愷といい、大学寮で詩や歴史を学ぶ学生でした。 それが20代も中頃、意を決して出家します。流浪の歌人になるた
...続きを読む
一人十首の歌人列伝

藤原俊成 ~和歌界のゴッドファーザー~

藤原俊成はかの歌人定家の父であり、後鳥羽院、式子内親王、藤原良経、俊成卿女といった新古今時代の主だった歌人の師匠であった人です。 さしずめ「和歌界のゴッドファーザー!」といったところですが、コルレオーネ家の御大とは違って
...続きを読む
一人十首の歌人列伝

在原業平 ~愛され続けるプレイボーイ~

在原業平は平城天皇の孫であり、六歌仙に名を連ねる凄腕の歌人です。 古くから色好みの貴公子として名を馳せてきました。 業平の活躍は史実ではなく「伊勢物語」の中で見られます。 「伊勢物語」は全125段のショートストーリーから
...続きを読む
一人十首の歌人列伝

藤原良経 ~天才貴公子が奏でるロンリネス~

藤原良経(九条良経)は摂関藤原(九条)家の嫡男でありながら、後鳥羽院歌壇の代表的歌人として活躍した人です。 父は五摂家のひとつ九条家の祖である九条兼実、叔父には天台座主で歌人としても知られる慈円がいます。 藤原俊成に和歌
...続きを読む
一人十首の歌人列伝

式子内親王 ~色と光を自在に操る印象派の女王~

式子内親王は後白河帝の第3皇女で賀茂の斎院であった女性です。 式子が生きた平安末期は京を中心に戦乱が相次ぎました。 保元・平治の乱に始まり、平家打倒の令旨いわゆる「以仁王の令旨」によって起こった治承・寿永の乱は平氏、源氏
...続きを読む
一人十首の歌人列伝

小野小町 ~日本女性の恋愛観のルーツ~

小野小町は9世紀に活躍した女性歌人。紀貫之による古今和歌集の「仮名序」では六歌仙という名誉ある歌人に選出され、おそらく最も名の知られた歌人です。 その存在感はとても大きく、現代でも美人を例えて「○○小町」などと評したり、
...続きを読む
一人十首の歌人列伝

後鳥羽院 ~お前のものは俺のもの、中世のジャイアン~

後鳥羽院は帝王の中の帝王というような人です。 といっても、この時代の「政治」の実権は鎌倉幕府に移っていましたから、院の権力は主に「文化」や「スポーツ」活動において発揮されました。 後鳥羽院がハマった文化・スポーツは多岐に
...続きを読む
一人十首の歌人列伝

崇徳院 ~ここではないどこかへ~

崇徳院は並みいる歌人いや天皇の中でも、最も悲劇的な人物です。 院は父である鳥羽法皇から「叔父子」つまり鳥羽上皇の中宮である待賢門院と祖父である白川上皇の子であると疎んじられていました。 「愚管抄」によると崇徳院の養子であ
...続きを読む
一人十首の歌人列伝

西行 ~自由と戦った数寄人(桜狂いの巻)~

西行は平安末期から鎌倉初期にかけて活躍した歌人です。 貴族が衰退し、武家が台頭してくるこの時代は、和歌が文化の中心として最後かつ最大の輝きを放っていた時代です。 その輝かしい時代に編纂された勅撰集「千載和歌集」には西行の
...続きを読む
一人十首の歌人列伝

和泉式部 ~恋に正直な平安ジェンヌ~

和泉式部は女房三十六歌仙にも選ばれた平安時代中期に活躍した歌人です。 紫式部はじめ赤染衛門、伊勢大輔らと共に時の中宮、藤原彰子に仕え、華やかりし女流文化勃興の一役を担いました。 ご承知のとおり和泉式部は多情で知られ、藤原
...続きを読む
一人十首の歌人列伝

源実朝 ~鎌倉の海にぶつけた青春~

源実朝は鎌倉幕府の第三代征夷大将軍。 京の公卿、坊門信清の娘である信子を正室に迎え、武士として初めて右大臣に上りました。 ちなみに平清盛は太政大臣という太政官の最高職に就きましたが、太政大臣は名誉職のようなもので実権はあ
...続きを読む