「短歌往来」10月号の評論掲載のお知らせ

月刊短歌雑誌「短歌往来」10月号に評論を掲載していただきました。タイトルはずばり、「令和時代の和歌 ~古今集への憧憬と和歌文化の継承~」です。

「令和和歌所」の現在の活動内容や、今後の目標などについて書き連ねています。短歌雑誌ということで、私としては場違にならないかという若干の心配も抱きつつ、多くの人に読んでいただけるとありがたいです。
※長い文章が苦手な私ですが、頑張って六千字以上書き下ろしました!

※本の購入については以下ページをご確認ください。
→「ながらみ書房『短歌往来』

和歌の型(基礎)を学び、詠んでみよう!

代表的な古典作品に学び、一人ひとりが伝統的「和歌」を詠めるようになることを目標とした「歌塾」開催中!

季刊誌「和歌文芸」
令和六年冬号(Amazonにて版販売中)

jaJapanese