歌詠みメーリングリスト

和歌所では、ML(メーリングリスト)で詠歌の交流を行なっています。移ろいゆく四季折々の情景に心を寄せ、参加同志で気ままに歌を詠み合っています。

→「ML玉葉集(メーリングリストで詠まれた歌々)

和歌はもちろん俳句や漢詩など細かいジャンルは不問。初心者の方もぜひはじめての一首を投稿してみてください、きっと暖かい唱和が返ってくるはずです!

参加・退会は自由です、下のフォームからどうぞお気軽にご参加ください。

参加・退会フォーム



参加するメールアドレス 
退会するメールアドレス 

※注意事項
・費用は一切かかりません
・投稿頂いたお歌はサイト上に掲載させていただきます(掲載を望まれない場合は、その旨を登録毎にご記載ください)
・投稿は9時~21時の間でお願いします
・当然ながら不快感を抱くような投稿はおやめください

唱和とは

難しく考えることはありません、唱和とは人と人との歌を介した心の清らかな交流です。 たとえば下のような風雅です。

伊勢物語(第八十二段)

夜更くるまで酒飲み物語して主の親王、酔ひて入り給ひなむとす。十一日の月も隠れなむとすれば、かの馬頭(≒在原業平)の詠める。

「飽かなくにまだきも月の隠るるか山の端逃げて入れずもあらなむ」(馬頭)
「おしなべて峰も平になりななむ山の端なくは月も入らじを」(紀有常)

後撰和歌集より

三条右大臣兼輔朝臣の家にまかりて侍りけるに、藤の花咲けるやり水のほとりにて、かれこれ大御酒たうへけるついでに…

「かぎなき名に負ふ藤の花なればそこひも知らぬ色の深さか」(藤原定方)
「色深く匂ひしことは藤浪の立ちもかへらで君とまれとか」(藤原兼輔)
「棹させど深さも知らぬふちなれば色をば人も知らじとぞ思ふ」(紀貫之)

(書き手:和歌DJうっちー)