見てはいけない! 本当の中秋の名月

秋といえばやはり「お月見」ですよね。旧暦八月十五夜の月は「中秋の名月」ともてはやされ、古来より日本人に親しまれてきました。
ただこの「お月見」、楽しみ方には少し注意が必要です。今年の中秋の名月はいつだろう? と調べるとか、お供えの団子を作るとか、薄を飾るとかはいいんですよ。

ただこれだけは、肝に銘じてください。
それは…

「決して月を見てはいけない!」
ということです。

この記事の音声配信「第88回 中秋が愛される理由と四季折々の月の美しさを知る!」を
Youtubeで聴く
iTunes Podcastで聴く
この記事の音声配信「第41回 見てはいけない!? 月の真実」を
Youtubeで聴く
iTunes Podcastで聴く

なぜなら、オオカミ男になってしまうから! というのはもちろん冗談で、、、
月を見るという行為が「不吉な行為」、であるからです。

みなさんご存知、「竹取物語」の一文を思い出してください。

「春の初めより、かぐや姫、月の面白う出でたるを見て、常よりももの思ひたるさまなり。ある人の月の顔を見るは、忌むこと、と制しけれども(略)」
竹取物語

「月の顔を見るは、忌むこと」
つまり不吉なことであると、明確に記されているではありませんか!

初代勅撰集「古今和歌集」にも、月を忌むべきものとして詠んだ歌があります。
879「おほかたは月をも愛でじこれそこの つもれば人の老いとなるもの」(在原業平)

「まったく月を賞美しない」とは、強烈な批判だとは思いませんか?
月(Moon)が積もれば、月(Month)が積もる、つまり年をとって老いてしまうから、という理由です。

また秋の月といえばこれ、という名歌
193「月見れば千々に物こそ悲しけれ 我が身ひとつの秋にはあらねど」(大江千里)

月を見ているだけで、やたらめったら悲しくなってしまう…
って、ほんと月見なんてやめましょうよ~

古今和歌集には「月を愛でる」歌もあります。
しかし「月の顔を見るは、忌むこと」が、本質的にありますから、
ストレートに愛でる歌はほとんどありません。

ご覧ください、
191「白雲に羽うちかはし飛ぶ雁の 数さへ見ゆる秋の夜の月」(よみ人しらず)
289「秋の月山辺さやかに照らせるは 落る紅葉の数を見よとか」(よみ人しらず)

月明かりのおかげで「雁や紅葉がよく見える」なんて、お月様、たんなる照明ですよ…

たまに月が主役になったと思えば、
184「木の間より洩りくる月の影見れば 心づくしの秋はきにけり」(よみ人しらず)
881「ふたつなき物と思ひしを水底に 山のはならで出る月影」(紀貫之)

「木の間から僅かに見える月」、「水底に映る月」と確かに美しい情景ですが、
あくまでも“間接的な姿”を愛でていることが分かります。

これでもあなたは、お月見をするんですか!?

と、脅かすのもこのへんに…
月が忌むべきものだなんて、根拠はまるでありませんからね。
あるとしたら、白楽天の詩の一片だと言われます。

漠漠闇苔新雨地(ばくばくたるあんたい、しんうのち)
微微涼露欲秋天(びびたるりょうろ、あきならんとするてん)
莫對月明思往事(げつめいにたいして、おうじをおもうことなかれ)
損君顏色減君年(きみががんしょくをそんじて、きみがとしをげんぜん)
贈内(白楽天)

ここで大切なのは、「やっぱり月明かりは不吉だ…」ではなくて、
「白楽天の影響力すげー」です。

時代も下りかの西行ともなれば、
「いかばかりうれしからまし秋の夜の 月すむ空に雲なかりせば」(西行)
「播磨潟なだのみ沖に漕ぎいでて あたりおもはぬ月を眺めん」(西行)

恐れなど全くなく、雲一つない空で存分に月を眺めたい!! と、
ただ一途に月への恋慕を歌うのですから。

ん!? しかし西行、そういやぁこんな歌も残していましたね。
「嘆けとて月やはものを思はする かこち顔なるわが涙かな」(西行)

さすがの隠者も、月の呪縛からは逃れられなかったのか!?

兎にも角にもお月様。年中浮かんではいるももの、街灯に埋もれる虚しき存在感。年に一度くらいは、ゆっくりと眺めてみましょうよ。

→関連記事「月は秋、じゃない! 四季折々、月のいろんな美しさ
→関連記事「月の不思議。月は冬こそ美しい!」
(書き手:和歌DJうっちー)


令和和歌所ではメーリングリストで歌の交流(セッション)を繰り広げています。現代の「和歌」の楽しさをぜひ味わってみてください。初心者の方のご参加も大歓迎です。