浦松の葉ごしに落つる月影に千鳥つま訪ふ須磨のあけぼの(守覚法親王)

よみ人:守覚法親王 、所収:玉葉和歌集

これまで鑑賞してきたように、「千鳥」はその見た目や動作から儚く頼りないものという意味を二義的に持つ。春夏秋、他の渡り鳥たちのような季節の到来を知らしめる存在感は皆無だ。だからこそ、今日のような歌が沁みてくる。『浦松の葉ごし見える月』と『妻の元へ帰る千鳥』、それが冬の海岸の夜明けの仄白さにオーバーラップする情景。一枚の絵なんていう御仕着せの評価で足りなければ、まるでロマネスクの麗しさだ。

(日めくりめく一首)


令和和歌所ではメーリングリストで歌の交流(セッション)を繰り広げています。現代の「和歌」の楽しさをぜひ味わってみてください。初心者の方のご参加も大歓迎です。