木の葉なきむなしき枝に年暮れてまた恵むべき春ぞ近づく(京極為兼)

よみ人:京極為兼 、所収:玉葉和歌集

『木々の葉はすべて散り果ててしまった。しかし案ずるな、年は暮れて若葉が恵む春はもう目の前だ』。春への期待感はいよいよ醸成され、実際にすぐそばまで来ている。しかしこの一月(睦月)に“年の暮れ”とはいかなる沙汰か? といえば、もちろん旧暦に準じているためである。ただ「年明け」と「春の到来」は厳密には異なる。平安歌人は春を「立春(新暦二月四日頃)」にもとめたのだが、旧暦で「年明け(旧正月)」は雨水の直前の朔日となり安定しない。このため「年内立春」などがもてはやされたのだが、今日の話題ではない。ともかく、年はついに暮れつつある。この「日めくりめく一首」もクライマックスだ!

(日めくりめく一首)

→「和歌と文人墨客の集い(如月の会)」2/23(日)9:50~11:50