五月雨は晴れむとやする山の端にかかれる雲の薄くなりゆく(花園院)

よみ人:花園院 、所収:玉葉和歌集

『五月雨はやんだのかなぁ? 山に掛かる雲が薄くなってるよ』。小学生の絵日記だろうか? 違う、玉葉集に採られた花園院の御製歌だ。趣向はほとんど似ているが、昨日の歌には山の色に発見があった。今日のはどうだろう、写生というにも恥ずかしい一介の感想文ではないか。このような歌が歌なのか? 歌なのである、いや正確には歌である時代があったのだ。それが京極派が躍動した玉葉・風雅の時代であり、このような単純あらわの歌が新鮮で攻撃性を持ちえたほど、当時一般の詠みぶりは硬直化していたのだ。

(日めくりめく一首)


代表的な古典作品に学び、一人ひとりが伝統的「和歌」を詠めるようになることを目標とした「歌塾」開催中!