いかばかり秋の名残を眺めまし今朝は木の葉に嵐ふかずは(源俊頼)

よみ人:源俊頼 、所収:千載和歌集

『秋の名残を深く惜しんで眺めただろうに。今朝、木の葉に嵐が吹かなければ』。昨日の宗于の呑気が罪であるほど、まるでオー・ヘンリー、今日の歌には儚さを感じる。いったいなぜ、木の葉一枚にこれほどの切迫感を込めるのか。たとえ秋は尽きようと、新しい冬をどうにか楽しめばいいではないか? それは出来ない相談だ、理由は「花」。歌人たちにとって命と変わらぬかけがえのない存在である花が、冬という季節にはないのだ。青息吐息のこの季節いかに彼らが乗り越えるか、これから鑑賞を続けよう。

(日めくりめく一首)


令和和歌所ではメーリングリストで歌の交流(セッション)を繰り広げています。現代の「和歌」の楽しさをぜひ味わってみてください。初心者の方のご参加も大歓迎です。