「はじめての古今伝授と連歌会(神無月の巻)」のお知らせ


平成和歌所では、和歌を中心に、
古典文化・文学が大好きな皆様に楽しんで頂けるワークショップを開催しています。
貫之に定家。西行に芭蕉。
彼らが生んだ屈指の文芸世界に一歩でも近づきましょう!

開催内容

神無月(10月)の「古今伝授と連歌会」のテーマは「紅葉」です。
伝統的な紅葉の詠み方を理解し、ついでに連歌を巻いてみましょう!

〇学習内容:歌ことば「紅葉」、修辞法、文法、古典連歌鑑賞、奥の細道ミニ鑑賞
〇開催日:10/22(日)10:00~12:00 ※毎月第3or4日曜に開催
 ※申込締切:10/18
〇初回体験費:2,000円(税込)
〇参加費(1回):3,000円(税込)
〇開催場所:東京メトロ銀座駅徒歩5分 ※お申込み頂き次第、会場の詳細を返信いたします

連歌式目(ルール)について

・半歌仙(全十八句)形式で巻きます
・定座は月表五句、花裏十一句
・膝送り(皆で順番に)で付けて行きます
・句数は基本(春秋三句~五句…)を準拠します
・去嫌いは夏冬二句去り、恋および同字三句去り、春秋五句去りとします
※分からなくても大丈夫! 巻いて(句を付けて)みればすぐに理解できます

→「ワークショップの詳細、お申込みはこちら
→「過去の連歌
→「写真歌会あさぎいろ