thumb-1_3
楽しくて分かりやすいと好評の和歌講座を開催しています。
お気軽にご参加ください。

和歌のルールを身につけ、自分オリジナルの歌を詠む、かな作品を作る
①【和歌とかなグラフィー講座】

■内容
古くて難解だと思われる「和歌」にも実は「ルール」があるのです。このルールがあるからこそ、平安貴族たちは日常のコミュニケーションや歌合などのゲームで和歌を楽しむことができたんですね。
この講座では、この「和歌のルール」をしっかりと身につけます。

例えば「修辞法」。
「序詞」や「掛詞」など、和歌を和歌らしく飾るこの「基本技法」をまず学びましょう。

また詠むべき「叙景」、「叙情」にも決まりがあります。
「四季」それぞれに詠むべき「花」や「鳥」、「恋」の段階ごとに詠むべき「心」。決して満開に映える桜や、女性から求める恋、なんていうのは歌にしてはいけません。

そして「連想力」。
例へば「梅」といへば春先に綻ぶ白紅の一個の小花を表すだけでなく、その芳香を携えた春風に誘われ出でたうぐいすが梢の上で涙ながらに歓喜する姿を思い浮かべる。この力を養わなければいい歌は作れません。

最後に「歴史の壁」ですね。
文化(ものの考え方)から、日常生活そして言葉(古語)。一千年前の人間に近づこうっていうのですから、これはハードルが高いです。でもご安心ください、定評のある私の軽妙な解説で平安時代を身近に感じさせてみせます!

本講座ではこの「ルール」を学び、自分オリジナルの歌を詠むことを目指します。
 →「Web歌会 あさぎいろ

さらにこの講座では「和歌を書く」ことにもチャレンジします。
ただし、私が指南するのは旧来の「かな書」ではありません。日常を豊かに彩る「かなグラフィー」です。
安易なネーミングですが、旧来の伝統的な「かな書道」と一線を画すために、あえて名付けました。

「かな書道」と「かなグラフィー」における第一の違い、それは作品との向き合い方です。
一般的な「かな書道」は所属団体での展覧会などいわゆる「ハレ」の舞台での披露が主目的となっており、玄人向けに書かれた「ひらがな」は極端に崩され変体仮名も多用、一般人を拒否した閉鎖的で分かりづらいものがあります。

一方の「かなグラフィー」。日常つまり「ケ」に美しさを添えることを目的にした作品は、これ見よがしに飾り立てることはせず、だれの目にも「わかりやすく」、「簡素」で「さりげなく」ふと隣に目をやると美しさに気づく日常に咲く「路傍の花」を目指すのです。
 →「KanaGraphy – かなグラフィー」

和歌を詠むこと、書くことは平安貴族の基礎教養でした。現代の私たちには少々難易度が高いと思われるかもしれませんが、簡単な日本文化なんて学ぶに値しません。
日本文化の神髄を、丹念にそして楽しく一緒に学びましょう。

■開催場所、受講料等
〇開催日:2/26(日)10:00~11:45 ※毎月第3or4日曜に開催
〇初回体験料:2,000円(税込)
〇受講料(1回):3,200円(税込)※2017年4月までにお申込みの場合
〇開催場所:東京メトロ銀座駅徒歩5分 ※お申込み頂き次第、会場の詳細を返信いたします
お申込み、ご質問は以下フォームからお願いします。
※申込締切:2/22

お申込みフォーム

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

ご質問等

和歌の基本、有名な和歌をたくさん知りたい方は…
②【百人一首で堪能する美しい日本(語)講座】

■内容
「百人一首」は飛鳥時代の天智天皇から鎌倉時代の順徳院までの歌人百人の和歌を一首ずつ選んだ秀歌集です。
これら百首には日本人の四季や恋に対する「伝統的な美意識」が凝縮されています。伝統的な美意識とは「わび」「さび」といったいわゆる「閑寂の美学」。百人一首を学ぶことは、この伝統的で普遍的な日本美を身につける「間違いのない近道」となります。
さらに和歌を学ぶことは日本語が持つ「連想力」を鍛えることにもなります。
例へば「梅」といへば春先に綻ぶ白紅の一個の小花を表すだけでなく、その芳香を携えた春風に誘われ出でたうぐいすが梢の上で涙ながらに歓喜する姿を思い浮かべる。この連想力がなければ和歌を正しく鑑賞することはできませんし、反対にこの連想力があれば、近代の俳句・短歌はもちろん落語や絵画にまで日本美術の鑑賞の幅を必ず広げてくれるでしょう。
さあ、まずは身近な百人一首から、和歌ひいては日本文化探求の一歩を進めてみましょう!

一回の講義では十首の歌を鑑賞します。
歌の内容や歌人の紹介はもちろん、使われている修辞法(枕詞、序詞、掛詞)や歌語の解説、関連する歌、歴史背景などの説明を行い、一首一首を丁寧に鑑賞します。

■開催場所、受講料等
「和con 上野プレミアムサロン」
〇開催日:毎月第3木、時間:19:00~20:30 
 ※次回開催は2/10(金)です
〇受講料:2,000円(別途 教材費500円~、和comへの入会金が2,000円掛かります)
〇アクセス:JR御徒町駅南口より徒歩3分
ご予約、お問い合わせ