/和歌の道

和歌の道

先の5月1日、メディアでは「平成がいよいよ残り1年を切った」という話題で盛り上がっていました。
ご承知のとおり、来年5月1日には皇太子が新天皇に即位、元号が新しくなるためです。

ちなみに政府は来年のこの日を「祝日」もしくは「休日」にすると発表していますが、
これがどっちに転ぶかで国民へのインパクトはものすごく変わります。
「祝日法」では、前後が祝日である平日は国民の休日となり休日となる、と定められています。
つまり、即位日の5月1日が祝日となった場合、その両脇の平日も休日となり、GWの土日祝日を合わせると、なんと10連休にもなるのです!
なんとも嬉しい限りですが、こんなに休んでしまっては仕事に行きたくなくなりますね、きっと、、

さて、先日の5月1日には皇室絡みでこんな話題もありました。
和歌の御用掛に篠弘氏 陛下や皇族の相談役」(産経ニュース)

「和歌の御用掛」とは、皇族方の和歌の相談役とのこと。
和歌を愛する一人としては、現代もこのような役割が受け継がれていることにロマンを感じます。

そして驚いたのが御用掛の年齢! 前任の方が90歳で新任の方が85歳と書かれています。
91歳で大往生した藤原俊成も生涯現役の歌人・判者として活躍していますから(89歳の時にかの後鳥羽院主催の「千五百番歌合」の判者を務める)、歌とは年齢に関係なく、いやむしろ老いてなお練度が増していく素晴らしい嗜みだとつくづく感じ入りました。
ちなみにアラフォーの私は、彼らをお手本とするとこの先五十年の歌の進化が望めます。
まだまだ道のりは長いです。


歌会・和歌教室、和歌bar
 
歌会・和歌教室、和歌bar

平成和歌所では、和歌の基本を学び歌作りに挑戦する「歌会(連歌会)」「和歌教室」や古典ファンなら誰でも楽しめる「交流イベント(和歌bar)」を開催しています。ぜひ一緒に和歌文化を楽しみましょう♪


 
ラジオ和歌マニア

古典和歌を爆笑エンターテイメントとしてトコトン遊び倒していく番組です。 ニンマリ笑って、けっこうタメになる!「和歌DJうっちー」の分かりやすい解説(妄想含む)と日本文化イングリッシュ講師「ろっこ」の鋭い突っ込みでお送りします。


 
「四季を味わうルールブック」~古今和歌集で知る日本文化の基本~

「日本は四季が素晴らしい! 」なんて言葉をよく聞きます。
ではその素晴らしい四季、みなさん堪能していますか?
おそらく大半の方は、春の「お花見」、秋の「紅葉狩り」を楽しむ程度に終始しているかと思います。
しかし本来、日本の四季はもっと多様でもっと深く味わえるものなのです。
それで満足しているなんて、私としては「もったいない」としか言いようがありません。
みなさんが日本の四季を十分に味わえていないのには理由があります。
それは四季ひいては日本文化を鑑賞するための「ルールを知らない」のです。
そして他ならぬこのルールブックこそが「古今和歌集」なのです。

本書では古今和歌集の四季(春夏秋冬)歌に焦点を絞り、分かりやすく解説しています。
これをご覧いただき、日本の四季を堪能するための「基本ルール」を身に付けていただければ幸いです。


 
書籍版「百人一首の歌人列伝」

平成和歌所から本が出ました。その名も「百人一首の歌人列伝」!
百人一首は歌ではなく「歌人を楽しむ」ものです。厳選した百人一首二十歌人の面白エピソードと代表歌をぜひ知ってください。
これを読めば「はるか昔にいた正体不明のオジサン」だった歌人たちが、グッと身近に感じられることでしょう。
そして本書を読み終わった後、あらためて百人一首を一番から眺めてみてください。
王朝の歴史絵巻が紐解かれ、つまらなかったあの百首歌たちが息吹を宿し、断然おもしろく感じられるはずです。