令和新歌枕 ~東京編「吉原」~

令和の詠み人のあいなし事は詠むべき歌枕の少なきことなり。思いを寄せるべき歌枕ありせば、歌心もよりけに燃ゆらんとて、令和に相応しき歌枕を探してぞみむ。

はじめに選ぶは「吉原」なり。

吉原は江戸期から今に続く遊郭の地。歌枕にはいかがと思ゆれど、ある文学によって許さるるべし。そは「たけくらべ」なり。「廻れば大門の見返り柳いと長けれど」にて起こる樋口一葉の傑作はかの地が舞台なり。

一葉が明治の稀なる小説家とは広く知らるべし。はじめて女性で紙幣の肖像に刷られるも、おほかたはその作品を知らざらんや。なんとなれば一葉の文学は文語体を用ひ、平々凡々の小さき日常が描かれる由にあるべし。今の物語は大きいこと常なり。舞台、人物心情すべて激しきをもって尊しとなす。また今のさだめて確かなる結末を置けり。腑に落ちる分かりやすさこそよからめ。文学はなべてエンタテインメントになり下がらんや。

一葉の文学はさにあらず。男女の日常のさまがもの静かに描かるる。確かなる結末のなきこと常なれど、されど読み終えし余韻は深くぞ心に残りける。一葉の文学はげに余情の文学なり。

筆頭は「たけくらべ」ならむ。吉原遊郭のまわりを舞台とし、恋を知り初むる子供らが描かるる物語は、美登利と信如は互いを意識こそすれ、恋とは何か大人とか何かを考える間もなきに、定められし運命に従ひて異なる道をゆく。言ふべきことを言わず、語るべきことを語らず。ただ思ひを最後に「水仙の作り花」に託して筆を置けり。なんと心ざし深き物語ならんや。誰しもが通る子供から大人に至る残酷な谷を見事に描ひたこは物語こそ人生のまことなれ。

おほよそ気持ちよい結末を求むる今の読者にこの余情は得らるるや否や。得られぬからこそ五千円札の人としてのみ、一葉は知らるべけれ。げに嘆かわしきは今の人よ。

「吉原の柳は今も変わらぬに移ろひやすき人の心ぞ」(内田)
「身をやつし今に残れる大柳おはす姿に涙こぼるる」(内田)

一葉記念館は一葉の功績を伝える今に伝ふる施設なり。「たけくらべ」の舞台、龍泉寺町(台東区竜泉)にあり。
「たけくらべ」の酉の市はこは神社が舞台なり。
見よ! これこそが「廻れば大門の見返り柳いと長けれど」の見返り柳なり。遊び帰りの客が後ろ髪引かれる思ひで見上げたことからその名をいただく。はじめから数へ、今のは六代目の柳といふ。

(書き手:和歌DJうっちー)


令和和歌所ではメーリングリストで歌の交流(セッション)を繰り広げています。現代の「和歌」の楽しさをぜひ味わってみてください。初心者の方のご参加も大歓迎です。