比べてわかる「和歌と短歌」の違い!

今回のテーマはずばり「和歌と短歌」の違いです。

その前に、万葉集など古代歌謡をご覧いただくと分かりますが元来和歌には「五・七」の繰り返しいかんで長歌や旋頭歌といった形式があり、そのうち三十一文字で完結するものを「短歌」と表していました。それが平安時代の初代勅撰和歌集、古今集のころになると短歌形式が和歌の基本として確立され、私たちが知るところとなります。
ですから本来「和歌と短歌の違い」という問いは正しくないのですが、今回は「古典短歌としての和歌」と「現代短歌」の違いという意味合いでお話をしようと思います。

この記事の音声配信「第二回 和歌と短歌の違い」を
Youtubeで聴く
iTunes Podcastで聴く

まずは以下をご覧ください、和歌(古典短歌)と現代短歌をランダムに並べてみました。いずれが和歌で短歌か判別ができますか?
※和歌は平安、短歌は明治期の詠み人です、イニシャルがヒントになるかもしれません

(一)「君がため春の野に出て若菜つむわが衣手に雪はふりつつ」(K.K)
(二)「はたらけどはたらけど猶わがくらし楽にならざりぢつと手を見る」(I.T)
(三)「思ひつつ寝ればや人の見えつらむ夢と知りせば覚めざらましを」(O.K)
(四)「柔肌の熱き血潮に触れもみで寂しからずや道を説く君」(Y.A)
(五)「かめにさす藤の花ぶさみじかければたたみの上にとどかざりけり」(M.S)
(六)「わが宿に咲ける藤波たちかへりすぎがてにのみ人の見るらむ」(O,M) 
(七)「湯どころに二夜ねむりて蓴菜(じゆんさい)を食へばさらさらに悲しみにけり」(S,M)
(八)「月見れはちぢに物こそ悲しけれわが身ひとつの秋にはあらねど」(O,T)
(九)「どくだみも薊(あざみ)の花も焼けゐたり人葬所(ひとはふりど)の天明けぬれば」(S,M)
(十)「藤衣はつるる糸はわび人の涙の玉の緒とぞなりける」(M,T)

いかがでしょう、たぶんそれほど難しくなかったと思います。
現代短歌をどう定義するかにもよりますが、ここでは明治期に提唱された写実的な韻文をそれとしました。彼ら明治の歌人は伝統的な古典和歌をぶっ潰すつもりで運動していましたから、上記に挙げた和歌と短歌の違いは実は明白であって然るべきなのです。

で、回答はというと。
和歌は(一)光孝天皇、(三)小野小町、(六)凡河内躬恒、(八)大江千里、(十)壬生忠岑、短歌は(二)石川啄木、(四)与謝野晶子、(五)正岡子規、(七)斎藤茂吉、(九)斎藤茂吉です。

「貫之は下手な歌よみにて古今集はくだらぬ集に有之候。」
(歌詠みに与ふる書)

古典和歌攻撃の急先鋒、正岡子規は「歌詠みに与ふる書」というのを度々執筆して、執拗に古典和歌を攻撃します。その中で子規は「写生」つまり見たままの現実を写し取ることが歌の本意であると主張しました。

ですから短歌では(二)「苦労にまみれた手」、(五)「畳」や(七)「蓴菜」のような生活臭の強い語、(九)にある「人葬所(火葬場)」といった穢れを伴う言葉までも平気で歌に入れるのです。ようするに短歌は自分自身の 飾らない生活、「日常」のありのままを「直接的」に歌に詠むことを理想としたのです。。
(四)は与謝野晶子の有名な恋歌ですが、(三)の小野小町のそれといかに違うか? それは端的にパッション! です。「触れもみで」なんて男性を積極的に誘うことは、「待つ」を理想とする平安女性は絶対にしないでしょう。

→関連記事「小野小町 ~日本的、恋愛観のルーツ~

「見たままを写し取る」ということは、その実きわめて「個人的」な行為です。現実を切り取る優れたフレーミングは主体的かつ積極的な個人とその個性がなければありえないのですから。よって(五)の「瓶にさした短い藤の花」、(九)の「焼けたどくだみとあざみの花」といった極めて個人的な体験が歌に表現されることにもなるのです。

一方で子規にケチを付けられた紀貫之はこう記しています。

「世の中にある人ことわざしげきものなれば、心に思ふことを見るもの聞くものにつけて言ひいだせるなり」
(古今和歌集 仮名序)

大切なのはこの一文「心に思ふことを見るもの聞くものにつける」です。貫之ら平安歌人はみずからの心情を自然に仮託して「間接的」に詠むことを理想としました。

そもそも古今集に百人一首にしろ、私たちが知る古典和歌の大半は「勅撰和歌集」に採られたものです。ですから本質的に貴族的ですし「非日常」的であります。(一)にある早春の「若菜摘み(子の日の御遊び)」や(六)で誇らしげに咲く「宿(邸宅)の藤波」は浮世から幾分離れた情景であることを理解しなければなりません。

また勅撰集は「ハレ」の歌集ですから、悲劇をテーマとする哀傷歌であっても優美を決して離れません。(十)の「涙の玉の緒」と(九)の「人葬所」、ここで歌われた哀悼の情景は天地ほどの隔絶があります。

最後にこれこそ重要なのですが、現代短歌が個人的であるのに対して古典和歌は極めて「集団的」な文芸であるのです。

たとえば(六)のように「藤」を詠む際は暮春の憂いを詠み、(八)のように秋は「月」を見て悲哀を募らせてもけっして(七)蓴菜を食べてそのような心情になることはありません。なぜなら和歌には一定の約束事が存在し、歌人らはこのルールに則って歌を詠んでいるからです。
和歌とは貴族にとって教養でもあり、その表現で個人的心情を述べるというよりは集団的儀礼の場において等しき清遊であることが最たる目的であったのです。手本としてさまざまに学び入れた漢詩と比べても、その趣はずいぶん異にしていることが分かりますね。

さて、お分かりいただけたでしょう。和歌と短歌の違い、それは端的に「歌であるか否か」です。

和歌とはハレの場で親しい仲間たちでセッションを楽しむ文字どおり「歌」です。内容いかんより声調、耳から入る調べこそ美の源泉です。一方の現代短歌、「歌」の文字こそあれ歌ではまったくありません。この文芸を一言でいうなれば「短抒情詩」ということになるでしょう。このように方向性が違うのですからどちらが優れているということもなく、ましてや前述の子規のように、両者の対立を煽るなんてことも的外れな議論といえます。

ということで、これから和歌を楽しもうという人は遊興における即興を旨とすべきですし、短歌は自分の心持を深く内省することが肝要であると心得ましょう。

→関連記事「和歌とは?
→関連記事「和歌の入門教室 一覧
→関連記事「歌論
→関連記事「詩歌の変遷と令和和歌所が目指す場所

(書き手:和歌DJうっちー)