雪ふれば谷の架け橋埋もれて梢ぞ冬の山路なりける(源俊頼)

よみ人:源俊頼 、所収:千載和歌集

雪はその暴力を休めない、今日の歌にも豪雪の風景が描かれている。『雪が降って谷を渡す架け橋が埋もれてしまった。木々の梢が辛くも冬の山路を示す』。昨日は計り兼ねたが、今日の積雪は確実に枝の高さまで到達している。こうなっては谷の架け橋もまったく見えない、どうやって旅路を進めようか!? いや、春まで待てば。と忠告したいのも山々だが、そうもいかないのだろう。となれば手段は一つ、木々の梢を頼りに一歩一歩山路を進むのだ! なるほど過酷である。

(日めくりめく一首)


代表的な古典作品に学び、一人ひとりが伝統的「和歌」を詠めるようになることを目標とした「歌塾」開催中!