見渡せば紅葉しにけり山里に寝たくぞ今日はひとり来にける(源道済)

今日の詠み人は源道済、知名度は低いが花山院のもと拾遺集撰集に関係したと噂がある。『見渡すと山里はすっかり紅葉に染まっている。飽きるまで見ようと野宿するつもりで一人やって来たのだ』、今日の歌にも見えるが道済の歌には「山里」の文字が目に立つ。従五位下のぎりぎり貴族、それでも西行のように世から離れられない人間は、このように一晩限定の風流で人生をやり過ごす。半端者と嘲笑出来るだろうか? ゆめそんなことは出来ない、私を含めて大勢がそんな半端を生きているのだから。

(日めくりめく一首)

和歌の型(基礎)を学び、詠んでみよう!

代表的な古典作品に学び、一人ひとりが伝統的「和歌」を詠めるようになることを目標とした「歌塾」開催中!

季刊誌「和歌文芸」
令和六年冬号(Amazonにて版販売中)

jaJapanese