声はして雲路にむせぶホトトギス涙やそそぐ宵の村雨(式子内親王)

よみ人:式子内親王 、所収:新古今和歌集

これも五月雨との取合せであるが、主人公はホトトギスそれ自身になって写生歌の風体をとる。何かあってホトトギスが咽び泣くのに、五月雨が涙を合わせたごとき景色。昨日のそれと違って、柔らかく寄り添う雨が印象に残る。詠み人は式子内親王、同じく新古今歌人であるが、定家や後鳥羽院が「物語風」の味付けを好んだのに対し、彼女は繊細な「写生」歌を得意とした。しかしこの歌には確かに物語がある。それは「雲路」の一点によるものだ。泣き咽ぶホトトギスは雲に隠れて見えない、そこに式子は涙の物語をさりげなく付け足した。なんと優しい歌なのだろう。

(日めくりめく一首)