もののふの八十宇治川をゆく水の流れて早き年の暮れかな(源実朝)

よみ人:源実朝 、所収:新勅撰和歌集

源実朝による歳暮の念。『宇治川のように流れの早い年の暮れだなぁ』と、極めてシンプルな独白だ。冒頭の「もののふの八十氏(うじ)」は「宇治川」に掛かる序詞であり意味をなさない。「もののふ」は「官人」を指し、古より愛好された修辞※ではあるが元来「宇治川」とは無縁であった。しかしこれに尾ひれがつく、「宇治川の戦い」だ。源平屈指の決戦であり、後世に残る武士(もののふ)の物語を生んだ。これで「もののふの…」はまさに「宇治川」の枕詞に成った。しかも実朝だ、名目であろうが武家の棟梁の詠みに雄々しい激流を思わずにいられない。

※「もののふの八十宇治川の網代木にいさよふ波の行く方知らずも」(柿本人麻呂)

(日めくりめく一首)


令和和歌所ではメーリングリストで歌の交流(セッション)を繰り広げています。現代の「和歌」の楽しさをぜひ味わってみてください。初心者の方のご参加も大歓迎です。