さこそわれ萩の古枝の秋ならめ本の心を人のとへかし(阿仏尼)

よみ人:阿仏尼 、所収:風雅和歌集

昨日の歌はよほど胸アツだったのだろう、躬恒からおよそ三百年後の女性がこんな本歌取りをしている。『私はよっぽど萩の古枝よ! なんで本心を聞いてくれないの!?』。採られたのが風雅集というものあるが、四季歌の範疇をはるかに越える激烈な恋歌である。詠み人の阿仏尼といえば藤原為家の後妻として知られ、その年の差は二十をゆうに上回っていた。しかし今日の歌など見る限り、為家はほとんど阿仏に手玉に取られていたことだろう。

(日めくりめく一首)


令和和歌所ではメーリングリストで歌の交流(セッション)を繰り広げています。現代の「和歌」の楽しさをぜひ味わってみてください。初心者の方のご参加も大歓迎です。