さくら花ちりぬる風のなごりには水なき空に浪ぞたちける(紀貫之)

よみ人:紀貫之 、所収:古今和歌集

『桜の花が散った風の後には、水のない空に浪が立っているようだ』。適訳はこうだが少々説明を加える。まず花の色を見立てて「白浪」とする場合がある、これは桜の花が風に舞い散って白浪が立っているように見える、水なんてない空なのに。という趣向に富んだ歌なのだ。古今和歌集では珍しい「絵画的」な歌だといえる、しかも詠み人は紀貫之。理知的だと揶揄される彼だが、このような歌も詠めるのかと驚かされる。専門家人とはいろんなバリエーションが詠めてこそなのだろう、ちょっと説明臭いのはご愛敬だ。

(日めくりめく一首)


令和和歌所ではメーリングリストで歌の交流(セッション)を繰り広げています。現代の「和歌」の楽しさをぜひ味わってみてください。初心者の方のご参加も大歓迎です。