/【開催間近】 初夏の和歌文化祭 ~着物と和歌~(目白庭園)

【開催間近】 初夏の和歌文化祭 ~着物と和歌~(目白庭園)


やってきました恒例の和歌文化祭!
和歌を中心にさまざまな和文化が交流する、まさに日本の「文化祭」です。
※前回(秋の和歌文化祭)も大いに盛り上がりました♪
平成29年 和歌文化祭☆開催レポート

場所は豊島区の「目白庭園」! 初夏の爽やかな風の中、
都会のど真ん中にいることを忘れてしまう自然豊かな庭園で、
和歌そして日本文化を堪能してみませんか?

■和歌文化祭の内容

歌や古典好きはもちろん、着物ファンの方(男女問わず)には最高のイベントです。
以下の三部構成となります。

・第一部「古今伝授」
初夏に薫る花橘とホトトギスの代表的な和歌の内容とその技法を学びます。

・第二部「着物と和歌」
着物サークル華会のみなさまとのコラボ企画。
着物に関する基礎知識からワンランク上の着こなし術など、日本人ならぜひ知っておきたい、着物に関するさまざまなお話を伺います。

さらに、日本舞踊の上級者ろっこさんから日本舞踊の手ほどきを頂き、舞の基本や日常で美しく見える着物仕草などを伝授頂きます。
着物をよく着る人も着たことがない人も、みんなが楽しめる企画です。

ついでに古今和歌集や伊勢物語に詠まれた着物にまつわる歌を鑑賞し、時間があれば小筆を使って「かな書」で書いてみましょう。
これはもう、本格的な平安貴族です(笑

・第三部「歌会」
参加者みんなで歌を詠みます。
連歌や贈答といったスタイルで、第一部(古今伝授)で学んだ伝統的な和歌にチャレンジします。
初めての方でも気軽に楽しめますので、座の文芸に興じてみましょう♪

この機会にぜひご参加ください。

ご参加者様の詠歌

歌会ご参加者様の詠歌
絶句連歌
講師(内田)の詠歌WEB歌会あさぎいろ

歌会の様子

舞踊、能、茶、香、短歌、古武術、菓子…
多様な日本文化の手練れにお集まり頂いているのが平成和歌所の歌会の魅力です。
→「平成29年 大文化祭☆開催レポート

■開催日、参加費

〇開催日:5/27(日)13:00~17:00
 ※申込締切:5/25
〇参加費:4,000円※初めての方:3,000円
〇開催場所:目白庭園「赤鳥庵」(JR「目白駅」より徒歩約5分)

■お申込み、ご質問はコチラ

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

お電話番号

ご希望の歌会 (必須)
「古今伝授と連歌会」水無月(6月)の会

ご質問等


歌会・和歌教室、和歌bar
 
歌会・和歌教室、和歌bar

平成和歌所では、和歌の基本を学び歌作りに挑戦する「歌会(連歌会)」「和歌教室」や古典ファンなら誰でも楽しめる「交流イベント(和歌bar)」を開催しています。ぜひ一緒に和歌文化を楽しみましょう♪


 
ラジオ和歌マニア

古典和歌を爆笑エンターテイメントとしてトコトン遊び倒していく番組です。 ニンマリ笑って、けっこうタメになる! 和歌DJウッチーこと「内田かつひろ」と英語講師「ろっこ(rocco)」の鋭い突っ込みでお送りします。


 
「四季を味わうルールブック」~古今和歌集で知る日本文化の基本~

「日本は四季が素晴らしい! 」なんて言葉をよく聞きます。
ではその素晴らしい四季、みなさん堪能していますか?
おそらく大半の方は、春の「お花見」、秋の「紅葉狩り」を楽しむ程度に終始しているかと思います。
しかし本来、日本の四季はもっと多様でもっと深く味わえるものなのです。
それで満足しているなんて、私としては「もったいない」としか言いようがありません。
みなさんが日本の四季を十分に味わえていないのには理由があります。
それは四季ひいては日本文化を鑑賞するための「ルールを知らない」のです。
そして他ならぬこのルールブックこそが「古今和歌集」なのです。

本書では古今和歌集の四季(春夏秋冬)歌に焦点を絞り、分かりやすく解説しています。
これをご覧いただき、日本の四季を堪能するための「基本ルール」を身に付けていただければ幸いです。


 
書籍版「百人一首の歌人列伝」

平成和歌所から本が出ました。その名も「百人一首の歌人列伝」!
百人一首は歌ではなく「歌人を楽しむ」ものです。厳選した百人一首二十歌人の面白エピソードと代表歌をぜひ知ってください。
これを読めば「はるか昔にいた正体不明のオジサン」だった歌人たちが、グッと身近に感じられることでしょう。
そして本書を読み終わった後、あらためて百人一首を一番から眺めてみてください。
王朝の歴史絵巻が紐解かれ、つまらなかったあの百首歌たちが息吹を宿し、断然おもしろく感じられるはずです。