【歌会・和歌教室】(銀座)「はじめての古今伝授と茶寄せ連歌会」卯月の会


「古今伝授と茶寄せ連歌会」は和歌の基本を学び、それを連歌遊びで披露するワークショップ形式のカジュアルな歌会です。
日本文化ツウも初心者も、和歌や古典文化が好きであれば誰でも楽しめます♪

■会の内容

会の前半では、和歌に関するルールを学びます。いわば現代の「古今伝授」です!
古今和歌集をテキストに、四季折々の代表歌や歌ことば、さらには修辞法や文法の要点をしっかり身につけていただき、歌づくりに役立ててもらいます。

(年間予定)

→「和歌の春夏秋冬コラム
→「和歌の入門教室

会の後半では、いよいよ詠歌にチャレンジします。
ただいきなり「短歌(三十一文字)」を詠むのは難易度が高い…
とうことで、本会では参加のみなさまで「連歌」を楽しみます。

連歌とは和歌の上句と下句を多人数で付け合う遊び。
連歌には古来、細かく定められた式目(ルール)がありますが、本連歌会ではダイナミックにアレンジを加えました。
その名も「絶句連歌(ぜっくれんが)」!

連歌は歌仙式(36句)が一般的ですが、これを巻き終わるにはだいたい半日は掛かります。本会の所要2時間程度ではとても間に合いません。
そこで絶句連歌です。
絶句とは漢詩の形式で「起」「承」「転」「結」の四句からなる詩形ですが、
これは連歌が「発句」から起こり「脇」が添い「第三」で転じるという型に見事に通じます。
そして四句目で「結」つまり連歌で「挙句」をもって四句完結するという大胆かつ新しい形式が「絶句連歌」なのです。
基本的な付け方、転じ方は連歌の心そのままに、気軽に楽しめるのが絶句連歌です。

連歌を巻く直前には、私から心ばかりの「お茶」を振る舞わせていただきます。
このお茶をサインに座の文芸に集中しましょう。これはいわば「没入の茶」です。
※どんなお茶が出てくるかは、その時のお楽しみ!
さあみなさん、数寄者の歌遊びを存分に楽しみましょう。

ご参加者様の詠歌

歌会ご参加者様の詠歌
絶句連歌
講師(和歌DJうっちー)の詠歌WEB歌会あさぎいろ

歌会の様子

舞踊、能、茶、香、短歌、古武術、菓子…
多様な日本文化の手練れにお集まり頂いているのが「茶飲み連歌会」の魅力です。
→「平成29年 大文化祭☆開催レポート

■開催日、参加費

〇開催日:4/22(日)10:00~12:10 ※毎月第3or4日曜に開催
 ※申込締切:4/18
〇初回体験費:2,000円(税込)
〇参加費(1回):3,000円(税込)
〇開催場所:東京メトロ銀座駅徒歩5分 ※お申込み頂き次第、会場の詳細を返信いたします

●古今伝授「三月尽(暮春)」(秀歌鑑賞、和歌の修辞法・文法を学ぶ)
●古典ミニ鑑賞「伊勢物語」「和漢朗詠集」

■お申込み、ご質問はコチラ

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

お電話番号

ご希望の歌会 (必須)
わくわく和歌ワークショップ「学習と実作」(12月月次会)初春の和歌文化祭「第一回 春あわせ」

ご質問等