歌塾 月次歌会(令和四年三月) 題「春興」

歌塾は「現代の古典和歌」を詠むための学び舎です。初代勅撰集である古今和歌集を仰ぎ見て日々研鑽を磨き、月に一度折々の題を定めて歌を詠みあっています。

令和四年三月は以下の詠草が寄せられました。一部を抜粋してご紹介します。

題「春興」(梅、桜など)

吹く風はなほ寒けれど春来ぬとさやかに香る梅ぞ咲きける

ちはやぶる春日の杜に流れ入る霧に溶けこむ梅の残り香

世の中はのどけき春の色もなくいたづらにうつる桜花かな

桜咲きよだれがでてくる桜餅長命寺までいざ買いに行く

朝まだき障子をとほる春風のかはる匂ひに花ぞ咲くらむ

川菜草(かはなぐさ)をかきわけ行ける春のみづに雪こそ見えねさくらばな散る

夢にさへかへらぬ花のうつり香をつと枕(ま)くそでにしのぶ春の夜

東風舞ひて枝につもりし白雪の打ち解け出づる紅梅の花

梅が香も色も去年とは変はらねどうつろふこころ我のみぞ知る

満開の撓(たわ)む一枝風にゆれ散りゆくまでの一場の夢

月も出でであやなきやみにくるる夜は梅の花あらふ春さめのふる

夕まぐれ青きしじまにほの白き桜を見ては昔思ほゆ

初瀬山とめくる人も春めいて袖なつかしき花の香ぞする

花ゑめば谷に隠れし山みづのいづるこゑにも香ぞうつりける

※歌塾には初学者の方がたくさんいらっしゃいます。和歌は遠い古典教養ではありません、現代でも十分楽しめる座の文芸なのです。私たちと一緒に、古典和歌を「書き」「詠み」「遊び」つくしましょう。どうぞみなさま、お気軽にご参加ください。

 →「和歌を学び、書いて詠むための『歌塾』


代表的な古典作品に学び、一人ひとりが伝統的「和歌」を詠めるようになることを目標とした「歌塾」開催中!