和歌の入門教室【実践編】「詠みぶり(作風)を意識して詠む」

先日の入門教室では和歌の詠みぶり(作風)についてご紹介しました。
典型的な古典和歌とはどのようなものか、おおよその要点がご理解頂けたかと思います。
→関連記事「和歌の入門教室 詠みぶり(作風)を知る

それではその詠みぶり(作風)のパターンに基づいて、実際に歌を詠みわけてみましょう。

題は「向日葵(ひまわり)」です。
向日葵は今でこそ夏を代表する花ですが、日本伝来は17世紀頃なので当然勅撰集で歌われたことがないテーマです。

写実

「向日葵の高く高くと生ひにける花のひまより昇る太陽」(和歌DJうっちー)
向日葵はものによって高さが3メートルくらいまで生長します。それを前にして昇る太陽がようやく見えたという内容で、向日葵の大きさを写しています。
※古典和歌において、厳密には「太陽」は「日」と表します。

誇張

「夏の夜は暮れても辛し向日葵のいろ衰えぬ宿にありせば」(和歌DJうっちー)
夏の夜は日が暮れても苦しい、なぜかというとその家には向日葵があるから。つまり夜でも太陽のような向日葵があるので、暑苦しいという意味です。

空想

「向日葵の色の夕暮れ迷いぬる道のはたてに片寄りの風」(和歌DJうっちー)
向日葵の夕暮れ、その迷いの道の先からは片寄りの秋風が吹いていた。迷いの道は、向日葵畑でよく見かける迷路から着想を得ています。ま、空想ですから。

本歌取り

「向日葵やふるき軒端に咲くをみてなほ睦ましき昔なりけり」(和歌DJうっちー)
本歌※を知らしめつつ、新しい情景を詠みます。
※ももしきやふるき軒端のしのぶにもなをあまりある昔なりけり」(順徳院)

比喩

「忘れめやひとつの傘にうち濡れて夕立を過ぐ向日葵の人」(和歌DJうっちー)
向日葵を在りし人の笑顔に譬えています。

対比

「風はいま白雲の峰を吹き下り軒の向日葵そそ揺らしけり」(和歌DJうっちー)
峰の白雲と野辺の向日葵という、しごく分かりやすい対比ですね。 

擬人

「向日葵も暑しとみえて夏の日を背けて今は雨ほしげなり」(和歌DJうっちー)
向日葵もさすがに昨今の酷暑は耐え難いのではないでしょうか?

俳諧

「老ひぬれば人は言葉を聞かぬなりさては向日葵日を向かぬなり」(和歌DJうっちー)
向日葵が太陽の方を向くのは生長盛んな若い時期だけ、生長がとまればある方向しか向かなくなり、頑固おやじになってしまうようです。

いかがでしょうか。
和歌にはさらに歌語の設定があるので、これを受ければ歌にもう少し深みが生まれると思います。もし「恋」を詠むのなら、なおのこと歌語を意識したいですね。
※花には西洋の「花言葉」の設定があるので、これを歌語に置き換えて詠んでみるのもありです

(書き手:和歌DJうっちー)

「和歌の入門教室 一覧」
「歌論 一覧」

→「わくわく和歌ワークショップ(葉月の会)」8/25(日)9:50~11:50