別れと旅立ちに添える歌


3月…
それは別れと旅立ちの季節。
人が旅立つとき、そこには必ずドラマが生まれます。
そしてドラマあるところには歌もまたある、というのが平安時代です。

今回は古今和歌集の中から、「別れ」と「旅」の歌をご紹介しましょう。

この記事の音声配信「第23回 別れと旅立ちに添える歌」を
Youtubeで聴く
iTunes Podcastで聴く

まずは「離別」部から、
370「かへる山 ありとはきけど 春霞 立ち別れなば 恋しかるべし」(紀利貞)
371「をしむから 恋しきものを 白雲の 立ちなむ後は なに心地せむ」(紀利貞)
375「唐衣 たつ日はきかじ 朝露の おきてしゆけば 消ぬべきものを」(よみ人しらず)
386「秋霧の ともに立ちいでて 別れなば はれぬ思ひに 恋ひや渡らむ」(平元規)

これらは別れの歌でありながら、悲しみの叙情よりも風流な叙景の方が強く感じられます。
なぜだと思います?
それはこれらの歌に、ある共通点があるからです。

その共通点とは… 「立つ」です。

旅立つの「たつ」に、霞や白雲が「立つ」を響かせているのです。
単なる別れの気持ちなんて、決して詠まないのが平安歌人です。

次は「羇旅」部から、
これらもある共通点で選んでみました、分かります?

410「唐衣 きつつなれにし つましあれば はるはるきぬる 旅をしそ思ふ」(在原業平)
411「名にしおはば いざ事とはむ 都鳥 わが思ふ人は ありやなしやと」(在原業平)
418「かりくらし 七夕つめに 宿からむ 天の河原に 我はきにけり」(在原業平)

正解はすべて「在原業平」作です。
業平は伊勢物語の主人公「昔男」だとされており、上の三首はすべて伊勢物語にも収められています。
色好みの昔男は恋を求めて、また恋から逃れるために旅するのでした。
旅の歌人といえば「能因」や「西行」が思い起こされますが、もしかしたら業平はその先駆者かもしれませんね。
→関連記事「能因 ~元祖旅の歌人のノー、インドア宣言!~
→関連記事「西行 ~出家はつらいよ、フーテンの歌人~

ちなみに「唐衣…」と「都鳥」の歌は、伊勢物語でも最も知られたエピソード、
第九段「東下り」で詠まれた、和歌好きなら暗唱必須の歌です。
→関連記事「在原業平 ~愛され続けるプレイボーイ~

さて、以下の羇旅歌にもある共通点があります。
何だか分かります?
365「立ちわかれ いなばの山の 峰におふる 松としきかば 今かへりこむ」(在原行平)
406「あまの原 ふりさけ見れば 春日なる 三笠の山に 出でし月かも」(安倍仲麿)
407「わたのはら やそしまかけて こきいでぬと 人にはつげよ あまのつり舟」(小野篁)
420「この旅は 幣もとりあへず たむけ山 紅葉の錦 神のまにまに」(菅原道真)

正解は… お分かりですよね、これらすべて百人一首に採られた歌です。
ちなみに百人一首の「離別」「羇旅」歌は、すべて古今和歌集からの選出です。
※上記4首プラス、源実朝の「世の中は…」も羇旅に入るとされています
→関連記事「百人一首はなぜつまらないか

最後に再び、「離別」歌をご紹介しましょう。
これらの共通点は… とにかくいい歌! です。

393「別れをば 山のさくらに まかせてむ とめむとめしは 花のまにまに」(幽仙法師)
止める止めないは花に任せて… カッコイイです。

401「限なく 思ふ涙に そぼちぬる 袖は乾かし あはむ日までに」(よみ人しらず)
泣き尽くした涙の袖は乾かしておきます。いつかまた今度、会う日までに…

402「かきくらし ことはふらなむ 春雨に 濡れ衣きせて 君をとどめむ」(よみ人しらず)
本来「濡れ衣を着せる」とはこういう使い方をするんですね。

403「しひて行く 人をとどめむ 桜花 いづれを道と 迷ふまで散ちれ」(よみ人しらず)
桜の花よ、あの人が道を迷うように舞い散れ!

今年の別れの寄せ書きは、ぜひ一筆和歌を添えてみましょう。
(書き手:和歌DJうっちー)