ワンフレーズ原文で知る「源氏物語」~第三帖「空蝉」~

"Genji's unseen poetry is a matter of grudge."
600 songs (written by Toshi Fujiwara)

As exemplified by Toshinari's words, ``The Tale of Genji'' is an essential education for poetry lovers.
The same is true for us today! However, even though the title is vague, only some classic fans may know the contents.

The Tale of Genji is an authority on Japanese classics, and its length and style of writing make it cold to modern people.
However, in reality, the content is a love-hate entertainment between a man and a woman, reminiscent of the drama "Ooku", and it is unfolding on an elegant stage in the Heian period, so it can't be funny! However, it is not easy to approach...

That's why I started "Knowing the Tale of Genji in one phrase from the original text."

Pick up the original text of the core scenes and lines of the story in one phrase for each chapter!
This is an attempt to enjoy the essence of the story without worrying about the literary style.
here we go! Enjoy the world of The Tale of Genji created by Murasaki Shikibu♪

→“List of ``The Tale of Genji in One Phrase Original Text''

Main characters

  • Shining Genji
  • Iyosuke (Utsusemi's elderly husband)
  • Utsusemi (Iyosuke's second wife)
  • 軒端荻(空蝉の義理の娘、伊予介の先妻の子)
  • Kokun (Utsusemi's younger brother)
digest

  • 源氏の後光は早くも曇りぎみ。狙いを定めた中流の女「空蝉」は全く靡かない。
    女の弟を使ってあの手この手で口説いてみるも、かかったのは女の義理の娘「軒端荻」。
    でもまっいっか〜と、ちゃっかり寝ちゃうのはご愛顧。それでも源氏は進むのだ。

■源氏の卑劣アタック

「やがてつれなくてやみたまひなしかばうからまし」
Utsusemi

「(源氏の猛アピールに困ってはいるが)そのままつれなくされるのは悲しい、、」
空蝉の本音が垣間見える一言だが、女心とは本当に複雑だ。

「さりぬべきをりをみて対面すべくたばかれ」
Genji

何とか上手くやれ! 源氏は小君(弟)を使って何とか空蝉(姉)に近づこうとする。
かっこ悪い? いやいや仕方あるまい源氏も必死なのだ。

「胸あらわにばうぞくなるもてなしなり」

軒端荻は空蝉の義理の娘ではあるが、年齢差はほとんどない。
つまりそれほど空蝉の夫、伊予介が老齢だということ。
にしても軒端荻初登場シーンはなんとも大胆! 作者紫式部はキャラクターの際立たせ方が本当に上手い。

「まめならぬ御心」

作者にして源氏のこの言われよう、、
桐壺で語られた「世になく清らなる玉の男御子」は今やいずこ。

「やおら起き出でて、すずしなる単衣をひとつ着てすべり出でけり」

源氏の夜這いをいち早く察知した空蝉は、なんとか単衣を一枚着て逃げ出すのだった。
ここで脱ぎ捨てた薄衣を蝉の抜け殻に喩え、女は空蝉と呼ばれるに至る。

「伊予介に劣りける身こそ」
Genji

俺様はあのジジイにも劣るのか!! 聞きたくなかった、絶世の貴公子源氏の一言。

空蝉の 身をかへてける 木のもとに なほ人がらの なつかしきかな」
Genji

源氏物語随一の名歌!
空蝉の落とし物を源氏は大切にクンクン嗅いで慰めるのであった。

「空蝉の 羽に置く露の 木がくれて しのびしのびに ぬるる袖かな」
Utsusemi

対する女の返歌。袖の涙の真意やいかに?

(Written by Uchida Engaku, a poet)
→“List of ``The Tale of Genji in One Phrase Original Text''

Learn the basics of waka poetry and try reciting it!

We are holding a "Utajuku" with the goal of learning from representative classical works and being able to compose traditional "Waka" on an individual basis!

季刊誌「和歌文芸」
令和六年冬号(Amazonにて販売中)

en_USEnglish