源氏の恋文「山桜の結び文」


敬愛なる尼君

あなたは冗談だとお思いかもしれない

だが私は本気です

「面影は身をも離れず山桜 心の限りとめて来しかど」

あの紫の少女の姿が頭から離れないのです

今まで忍び留めてきましたが、もう限界です

私の純愛をどうかご理解ください

そして一言だけでも話ができる機会をください

(源氏)


本気となった源氏は怖い。
自らの才知を掛けてあらゆる手を尽くす。

今回も絶妙なタイミングで尼君に仕掛けた!
その場にあった紙に思いを美しくしたためる。
そして手際よく結び文に仕立てたのであった。

目論み通り、尼君の心は動かされたようだ。

(書き手:和歌DJうっちー)