源氏の恋文「夕顔の花」



突然お手紙を差し上げます非礼をお許しください

あなたは私のことを知らないでしょうね

でも、私はあなたのことを知っています

あてのない噂ばかりですけど

「心あてにそれかとぞ見る白露の 光添へたる夕顔の花」

一度、直接お逢いしてお話ししませんか

今度はあなたが、私の事を知りたくなるかもしれませんよ

よいお返事、お待ちしています

かしこ

(夕顔)


夕顔は、浮名を流す源氏が本気で恋をした数少ない女性、
大胆にも女の方から誘いの手を伸ばす。

女は自らの移り香が深く染み込んだ扇に、恋心を美しく書き流す。
その上に夕顔の花を載せて、、、

(書手:和歌DJうっちー)