夏を書く「夏の夜は」

「夏の夜はまだよひながら明けぬるを雲のいづこに月やどるらむ」(清原深養父)
※奈つ能夜八万だよ日那可ら明ぬるを雲濃似徒こ尓月やどるら無

(書き手:歌僧 内田圓学)

和歌の型(基礎)を学び、詠んでみよう!

代表的な古典作品に学び、一人ひとりが伝統的「和歌」を詠めるようになることを目標とした「歌塾」開催中!

季刊誌「和歌文芸」
令和六年冬号(Amazonにて版販売中)

jaJapanese