古今和歌集 恋歌残酷物語 その31「空の彼方」

743「おほぞらは 恋しき人の かたみかは 物思ふごとに ながめらるらむ」(酒井人真)
746「かたみこそ 今はあだなれ これなくは 忘するる時も あらましものを」(よみ人しらす)
747「月やあらぬ 春や昔の 春ならぬ わが身ひとつは もとの身にして」(在原業平)

—————-

忘れたい

そう思うほど、切なさがつのる

思い出はすべて捨てたはずなのに

まだ残ってる

大空よ

この果てにあなたをみてしまう

月でさえ

春でさえ

昔のままでないのに

私だけは何も変わらない

ひとり空を見上げてる

(書き手:和歌DJうっちー)
→関連記事「5分でわかる恋歌の全て ~古今和歌集 恋歌残酷物語(総集編)~
IMG_5537


令和和歌所ではメーリングリストで歌の交流(セッション)を繰り広げています。現代の「和歌」の楽しさをぜひ味わってみてください。初心者の方のご参加も大歓迎です。