既視源氏物語 ~古今集恋歌の光る君~ その13「愛しさ繁る」

古今和歌集 恋二【560】「わかこひはみ山かくれの草なれや しけさまされとしる人のなき」(小野よしき)
古今和歌集 恋二【562】「ゆふされは蛍よりけにもゆれとも ひかり見ねはや人のつれなき」(紀友則)

—————-
愛しく思えど思えど、あの人に伝わることはない。

いったいこの恋に、恋の価値はあるのだろか?
ただ虚しく辛いだけではないか?

それでも、恋の感情は募りゆく

あの山深い草の繁みよりも
あの蛍の光よりも

(書き手:歌僧 内田圓学)
→関連記事「既視源氏物語 ~古今集恋歌の光る君~(総集編)
IMG_4066

和歌の型(基礎)を学び、詠んでみよう!

代表的な古典作品に学び、一人ひとりが伝統的「和歌」を詠めるようになることを目標とした「歌塾」開催中!

季刊誌「和歌文芸」
令和六年冬号(Amazonにて版販売中)

jaJapanese