霜まよふ空にしをれし雁がねの帰るつばさに春雨ぞ降る(藤原定家)

よみ人:藤原定家 、所収:新古今和歌集

また定家である。定家の歌は説明が難しい、いや、するほどに野暮になると言っているのに撰んでしまう。でもしかたあるまい、だって本当にいい歌なんだもん。一応解説をさせていただこう、これも帰雁のワンシーンである。ここで雁はすでに故郷へ向け飛び立っている。空はまだ凍てつき霜迷いながら、数千キロ先の彼方故郷シベリアへ向けて。雁よ、お前は何を思う。翼を持たぬ私には想像だにできない。そのしおれた翼には春雨が降りしきる、冷たく凍れる春雨が。絵画的また物語的といわれる定家だが、まさにこれがその白眉たる一首だ。

(日めくりめく一首)


令和和歌所ではメーリングリストで歌の交流(セッション)を繰り広げています。現代の「和歌」の楽しさをぜひ味わってみてください。初心者の方のご参加も大歓迎です。