秋のうちはあはれ知らせし風の音のはげしさ添ふる冬はきにけり(藤原教長)

よみ人:藤原教長 、所収:千載和歌集

秋を知らせる風は「はっと気づく」というような繊細なものであったが、冬の風はまったくそうでない。『秋の頃は深い情趣を感じさせた風の音が激しくなって、冬が来たんだなぁ』。ビュービュー叩き付けるような激しい風はまるで嵐、嘘のような様変わりだ。ここまで口惜しさが滲み出ていると、冬という季節に同情さえ抱いてしまう。さて、詠み人は藤原教長。能書家としても知られ、柔らかく精妙なかな古筆を残している。

(日めくりめく一首)


令和和歌所ではメーリングリストで歌の交流(セッション)を繰り広げています。現代の「和歌」の楽しさをぜひ味わってみてください。初心者の方のご参加も大歓迎です。