梅か枝に降りつむ雪はひととせに再び咲ける花かとぞ見る(藤原公任)

よみ人:藤原公任 、所収:拾遺和歌集

その名が期待感を煽るが今日も無念、凡作に沈んでしまった… 藤原公任である。「雪」を「花」とする見立ては悪くない、いや確かに平凡の極みなのだが、このルーチンこそが和歌であることはもうご承知だろう。問題のひとつは歌の「調子」だ、適訳するまでもない散文調で状況説明に終始している。最たるは「心」、今日の公任の歌には春を待ち望むという歌人の誠が全く見えない。屏風歌のようだが、大御所のやっつけ仕事だったのだろう。

(日めくりめく一首)


令和和歌所ではメーリングリストで歌の交流(セッション)を繰り広げています。現代の「和歌」の楽しさをぜひ味わってみてください。初心者の方のご参加も大歓迎です。