梅か枝に降りつむ雪はひととせに再び咲ける花かとぞ見る(藤原公任)

その名が期待感を煽るが今日も無念、凡作に沈んでしまった… 藤原公任である。「雪」を「花」とする見立ては悪くない、いや確かに平凡の極みなのだが、このルーチンこそが和歌であることはもうご承知だろう。問題のひとつは歌の「調子」だ、適訳するまでもない散文調で状況説明に終始している。最たるは「心」、今日の公任の歌には春を待ち望むという歌人の誠が全く見えない。屏風歌のようだが、大御所のやっつけ仕事だったのだろう。

(日めくりめく一首)

和歌の型(基礎)を学び、詠んでみよう!

代表的な古典作品に学び、一人ひとりが伝統的「和歌」を詠めるようになることを目標とした「歌塾」開催中!

季刊誌「和歌文芸」
令和六年冬号(Amazonにて版販売中)

jaJapanese