大井川古き流れを訪ねきて嵐の山の紅葉をぞ見る(白河院)

よみ人:白河院 、所収:後拾遺和歌集

紅葉が映える川はなにも「竜田川」だけではない、今日の歌にある「大井川」も名だたる名所のひとつだ。嵐山の麓を流れ宇多、醍醐を始め歴代の天皇らの行幸を誘った。古都奈良の西を流れる竜田川より、平安の都人にはむしろ大井川こそ最も愛すべき景勝地であったに違いない。今日の詠み人は白河院、紅葉に染る悠久の流れに思いを馳せて、まさに感無量といった感じだ。

(日めくりめく一首)


令和和歌所ではメーリングリストで歌の交流(セッション)を繰り広げています。現代の「和歌」の楽しさをぜひ味わってみてください。初心者の方のご参加も大歓迎です。