夕立の雲もとまらぬ夏の日のかたぶく山にひぐらしの声(式子内親王)

よみ人:式子内親王 、所収:新古今和歌集

いい歌というものは、詠まれた情景がすんなりイメージできる。しかしそれだけでは世々に語り継がれる名歌とはならない。そこには「あはれ(感動)」が必要なのだ。ところで感動とは「心が動くこと」である、だから決まってセンチメンタルである必然性もなく、今日のような風景歌でもそれは十分に得られる。『夕立の雲も留まらず、夏の太陽が傾いている山に蜩(ひぐらし)の声が響きわたる』。一群の夕立をもたらした暗雲、ジリジリと照りつけた太陽。そんな苦患が嘘だったように、夕暮れの山々には蜩が穏やかに鳴き響いている。あぁ、私は生きている! この歌からもたらされるのは人生讃歌の感動だ。

(日めくりめく一首)


令和和歌所ではメーリングリストで歌の交流(セッション)を繰り広げています。現代の「和歌」の楽しさをぜひ味わってみてください。初心者の方のご参加も大歓迎です。