冴ゆる夜の真木の板屋の独り寝に心砕けと霰ふるなり(藤原良経)

よみ人:藤原良経 、所収:千載和歌集

今日の歌も面白い、「霰(あられ)」だ。『寒々とした夜、真木の屋根に霰が打ち付ける。心をもっと痛めよと言わんばかりに』。詞書きに記された題、「閑居聞霰」に適った隠遁の侘しさが描かれている。

これまででお気づきかもしれないが和歌の語彙は思いのほか少ない。時代が下るにつれて多少は増えるが、それも知れたものだ。そりゃ物に溢れた現代と比べれば詠むべき対象も限られていただろう、しかしそれが理由ではない。平安歌人たちは早くから審美眼に優れていた、だから和歌に相応しい景物を端から厳選して積極的に増やすことをしなかったのだ。

(日めくりめく一首)


令和和歌所ではメーリングリストで歌の交流(セッション)を繰り広げています。現代の「和歌」の楽しさをぜひ味わってみてください。初心者の方のご参加も大歓迎です。