今年より花咲きそむる橘のいかで昔の香に匂ふらむ(藤原家隆)

よみ人:藤原家隆 、所収:新古今和歌集

『今年から咲きはじめた橘の花が、いったいどうした理由で昔の香りに匂っているのだろう』。本当にどうしたというのだ? というのは香りの理由ではない、新古今の名うて家隆らしからぬ平凡のそれだ。花橘は「昔の人を思い出す」というノスタルジーを合わせ詠むことが常套となっているが、昨日の歌はそれを定めたというもので和歌にとどまらず広く古典の金字塔である。無論今日の一首もそれを踏まえており、「いかで」の答えは伊勢第六十段によるもの、とは誰もが当たり前に知るところであって、今更どうしてこのような歌を採ったのかと撰者らに疑念すら抱く。仮に滑稽趣味であれば、まだまだ捻りがほしい。

(日めくりめく一首)


令和和歌所ではメーリングリストで歌の交流(セッション)を繰り広げています。現代の「和歌」の楽しさをぜひ味わってみてください。初心者の方のご参加も大歓迎です。